アレルギー対応ありのアカナ!15種類から愛犬に合わせて選べる見つかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アカナはオリジンと同じ会社が販売しているドッグフードです。大きな違いは肉の配合量で、オリジンは肉の配合量が70%と高いですが、アカナは少し控えめ。とはいえ使われている原材料は非常に高品質!しかも価格がオリジンより安いので購入しやすいです。原材料を見ていくと、肉以外にも細かな違いがあることがわかります。アカナの特徴を知り、ぴったりの商品を選んであげましょう。種類が豊富なので、あなたのワンちゃんが喜ぶドッグフードがきっと見つかるはずです。アレルギー持ちでも食べられるものもありますよ。

アカナとは

アカナと言えば、同社のオリジンドッグフードよりお買い得な商品として有名ですね。

しかし価格が手ごろになぶん、品質が落ちるのでは?という不安もありますよね。そんなアカナドッグフードの特徴や成分について掘り下げてみます。

公式サイトを見てみる

アカナの基本情報

アカナは非常にラインナップが豊富なことでも有名です。この記事では、そのなかでもベーシックな「アダルトスモールブリード」について解説します。

アダルトスモールブリードの基本的な情報について見ていきましょう。

内容量 2kg
価格 4,050円
1kgあたりの価格 2,025円
カロリー 351kcal/100g
主食材 鶏肉、七面鳥など
酸化防止剤 天然由来
着色料 不使用
保存料 不使用
穀物 不使用
対象年齢 1歳以上の小型犬
賞味期限 パッケージ裏面上部に記載
原産国 カナダ
販売会社 チャンピオンペットフーズ社

日本の正規代理店は有限会社アカナファミリージャパン

アカナの総合評価

主材料と添加物について見てみると、非常に安全性が高いことがわかります。チキンや七面鳥はアレルギーを起こしにくいので、ドッグフードに使われる原料として非常に優秀です。

また穀類が入っていないグレインフリーなのも安心です。犬は本来穀類は食べない生き物なので、穀類を消化するのが苦手です。

添加物も最低限必要な天然由来の成分のみを使われていて、不要なものは配合していません。

アカナのドッグフードは弱点らしき点があまりありません。強いて挙げるなら、少し高額であるという点でしょうか。総合的に見て、ワンちゃんにとって非常に安全性の高いドッグフードといえるでしょう。

アカナの材料を徹底分析!

アカナ「アダルトスモールブリード」の材料をより詳しく見ていきます。原料と成分の一覧を見ながら、ワンちゃんにとってどんなドッグフードなのか考えていきましょう。

原材料一覧

まずは原材料の一覧です。

新鮮鶏肉(12%)、鶏肉ミール(12%)、七面鳥肉ミール(12%)、赤レンズ豆、丸ごとグリンピース、そら豆、鶏脂肪(5%)、新鮮鶏臓器(レバー、ハツ、腎臓)(4%)、ニシンミール(4%)、新鮮全卵(4%)、新鮮丸ごとカレイ(4%)、ニシン油(2%)、日干しアルファルファ、緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、エンドウ豆繊維、新鮮鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとパースニップ、新鮮ケール、新鮮ほうれん草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリー根、ターメリック、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

添加栄養素(1kg中) 亜鉛キレート 100mg

畜産学的添加物 腸球菌フェシウム

成分一覧

続いて成分の一覧です。

たんぱく質 31.0% 以上
脂肪 17.0% 以上
繊維 5.0% 以下
灰分 7.0% 以下
水分 12.0% 以下
カルシウム 1.4% 以上
リン 1.1% 以上
オメガ6 2.6% 以上
オメガ3 1.0% 以上
グルコサミン 1,400mg/kg 以上
コンドロイチン 900mg/kg 以上

アカナの安全性

原材料や成分を見ながらアカナの安全性について解説します。

<良い原料>

まずは良い原料として以下のものが挙げられます。

  • 新鮮鶏肉
  • 新鮮丸ごとカレイ
  • 新鮮全卵
  • 日干しアルファルファ
  • マリーゴールド

カナダの広々とした大地で育った鶏の新鮮な肉が入っています。鶏肉はアレルギーを起こしにくいため、ドッグフードの素材として評価できます。

肉だけでなく、魚類が入っているのも良いポイントです。同じ動物性タンパク質でもバランスよく栄養を摂取できます。

同じく卵も動物性タンパク質ですが、肉だけでは摂取できない栄養素をバランスよく含んでいます。

日干しアルファルファはビタミン群を豊富に含んでいて、ワンちゃんに不足しがちな栄養を補います。

マリーゴールドはハーブの一種で、お腹の調子を整えてくれる効果が期待できます。

<悪い原料>

一概に悪いとも言えませんが、すこし注意すべき原料もあります。

  • 鶏肉ミール、七面鳥肉ミール
  • エンドウ豆繊維

一般にミールと書いてあると少し不安が残ります。肉だけなら肉と記載できるのに、あえてミールと記載しているのはなにか肉以外の部分が入っているからです。

アカナは自社の工場で品質管理を徹底しているようなのであまり心配はいらないかもしれませんが、ミールと記載された肉自体はあまり望ましくありません。

またエンドウ豆繊維は悪いものではありませんが、ワンちゃんにとって稀にアレルギーの原因となることがあるので気をつけましょう。

公式サイトを見てみる

アカナの3つの特徴

アカナには、ほかのドッグフードにはない特徴があります。その違いを知り、ドッグフード選びの参考にしてください。

①豊富なラインナップから選べる!

アカナはとにかくラインナップが豊富なことが特徴です。なんとその数15種類!この15種類が3つのシリーズに分けられています。

  • アカナヘリテージ
  • アカナレジオナル
  • アカナシングル

ラインナップが豊富なので、ワンちゃんに合ったドッグフードを選べるのがアカナの強みと言えます。

②アレルギー持ちのワンちゃんでも大丈夫!

アカナシングルは単一のたんぱく源しか使われていません。具体的には以下の4種類のラインナップがあります。

  • グラスフェッドラム:ラム肉
  • フリーランダック:カモ肉
  • ヨークシャーポーク:ブタ肉
  • パシフィックピルチャート:イワシ

一般的なドッグフードに含まれる動物性たんぱくにアレルギーを持っているワンちゃんでも、これらのラインナップなら安心して与えられますね。

③同社のオリジンと比べてお買い得!

アカナを販売しているチャンピオンペットフーズ社は、ほかにもオリジンドッグフードを販売しています。

どちらも高品質なドッグフードですが、オリジンは肉の配合量が多いぶん、やや高額です。アカナはそれに比べると購入しやすい価格なのが魅力ですね。

アカナの口コミ特集

実際にアカナをワンちゃんに与えている飼い主さんは、どんな感想を抱いているのでしょうか。口コミを見てみましょう。(Amazonより引用)

今まで食にあまり興味がなく、いつも仕方なく食べるといった様子だった。
ビートパルプ入りの品質が気になってアカナに変えてみたら、突然ガツガツ食べるようになった。

悩みだった目やにも綺麗になり、食ふんも減ってきました。今後も続けて食べさせてあげたいです。

食いつきがよくなったという声がありました。ワンちゃんも自然由来の美味しさの魅力を感じているのでしょうか。

また、体調がよくなったという口コミも。ドッグフードを変えることでこういった変化も期待できるのですね。

悪い口コミ

うちのわんこは全く食べない。残念

お値段が少し高い

ワンちゃんにも好き嫌いがあるようですね。ただ、自然の味は慣れるまでに時間がかかることもあるので、工夫して根気強く与えてみてはどうでしょうか。

また、価格が少し高いという声も。オリジンより安いとはいえアカナもかなり高品質なので、一般的なドッグフードよりは高額になってしまいます。

アカナに関するQ&A

アカナに関する疑問とその答えを見ていきましょう。

アカナとオリジンの違いは?

一番の違いは肉の量です。アカナは良質な肉を使っていますが、肉の割合が特別高いわけではありません。

一方オリジンはラインナップにもよりますが、原料の70%程度を肉が占めています。ワンちゃんに必要なタンパク質をよりたくさん含んでいるのです。ただしそのぶん、オリジンは価格が高めになっています。

アカナ内のラインナップの違いは?

全15種類の商品があり、以下の3つのシリーズに分類されます。

  • アカナヘリテージ
  • アカナレジオナル
  • アカナシングル

この記事で紹介した「アダルトスモールブリード」はアカナヘリテージの一つ。幅広いワンちゃんにおすすめのシリーズです。

アカナレジオナルはヘリテージよりさらに肉の配合量を増やしたシリーズ。たくましいワンちゃんにおすすめです。

アカナシングルは先ほど紹介したように4種類あり、それぞれ単一のたんぱく源しか使っていません。使っている食材の種類が少ないため、アレルギーのあるワンちゃんでも安心です。

アカナは下痢になりやすい?

一般的なドッグフードにはビートパルプのように便を固める原料が入っていることがあります。しかしアカナには含まれていません。

そのためほかのドッグフードからアカナに変更すると、便がゆるくなってしまうことが考えられます。

アカナはどんな犬にも対応できるオススメのドッグフード!

アカナはラインナップが豊富で、いずれも新鮮なヒューマングレードの素材を使った品質の高いドッグフードです。

たくさんの種類のなかから選べるため、ワンちゃんに合ったものを選ぶことができるのがほのドッグフードにはない強みですね。

どんなワンちゃんでも、きっとアカナシリーズのなかにピッタリのものがあるはずです。ぜひこの記事を参考に、ドッグフードを選んでください。

公式サイトを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*