チワワ用ドッグフードTOP5!愛犬のために選ぶべき商品を厳選しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チワワの人気ドッグフードはどれ?

評判の良いチワワ用ドッグフードは国産?市販にもある?そんな疑問に応えるべく、チワワにおすすめのドッグフードを5つピックアップしました。愛犬が少食だったり、なかなか食べないと困っている飼い主さんは、その子に合わないものを選んでいる可能性もあります。小型犬は一回の食事量も少ないので、原材料や栄養価が元気と健康のカギ。安心・安全なのはもちろんですが、口コミでも評価の高いドッグフードに変えてみてはいかがでしょうか。5つの商品がなぜおすすめなのか、その理由もしっかり解説。チワワを飼っている人・飼おうと思っている人は必見です。

チワワ用の人気ドッグフードTOP5

愛くるしい大きな目が特徴のチワワ。家族の一員に迎えた以上、いつまでも元気でいて欲しいと願うのは当然です。

体の小さなチワワは食事量も少ないので、栄養がたっぷり詰まったフードを与えましょう。おすすめのドッグフードを5つ、順に解説します。

第1位:カナガン チキン

カナガンのドッグフードは人間が食べることができる食材を使っているので、高品質で新鮮という点が最大の特徴です。犬が消化しづらい穀物を使用せず、代わりにサツマイモを使用。サツマイモの食物繊維が消化を助けるので、胃腸の健康もサポートします。

安全性に特にこだわっており、国際規格「SAI GLOBAL」クラスAを取得した工場で製造しています。品質管理に徹底しているので、愛犬を想う飼い主の気持ちに寄り添っているとも言えるでしょう。

小粒なドッグフードなので、小型犬であるチワワでも食べやすいはず。早食いをして喉に詰まらせやすい子にもおすすめです。

内容量 2.0kg
価格 3,960円
1kgあたりの価格 1,980円
カロリー 361.25kcal/100g
主食材 チキンなど
対象年齢 全ての年齢
販売会社 株式会社レティシアン

悪い口コミから見るデメリット

様子を見ていましたが、1袋食べ始めから食べ終わりまで、下痢をしていました。

食いつきは良かったのですが、うちのコーギーには、合わなかったようです。

引用:Amazon

人間でも食べられる食材を使っているがゆえ、犬によってはお腹がびっくりしてしまう子もいるようです。下痢や嘔吐をしたという口コミはちらほら見られたので、まずは少量ずつ与えて様子を見ましょう。

良い口コミから見るメリット

うちのチワワちゃんは元々、少食でしたがカナガンにしてからよく食べるようになりました。

便も緩くなることなくしっかりとしたのがでてます。

引用:Amazon

今までのフードからカナガンに変えたら、よく食べるようになったという声もありました。野菜やハーブもバランス良く配合されているので、食欲をそそる香りがするのかもしれませんね。

 

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

第2位:モグワンドッグフード

チキンやサーモンをはじめ、ポリフェノールたっぷりのりんごや、食物繊維が豊富のかぼちゃ、ミネラルやビタミンを含む海藻など、人間にとっても健康に良い食材を贅沢に使っているモグワンドッグフード。獣医学雑誌にも掲載されており、信頼と実績のあるドッグフードでもあります。

穀物を使っていないグレインフリーにもこだわっており、ペット栄養管理士が不安や疑問の相談にも乗ってくれるので、チワワを飼い始めたばかりの人にもおすすめ。食材本来の風味を活かしたドッグフードなので、食い付きがいいと話題にもなっています。

内容量 1.8kg
価格 3.960円
1kgあたりの価格 2,200円
カロリー 344kcal/100g
主食材 チキン・サーモンなど
対象年齢 生後4ヶ月以降
販売会社 株式会社レティシアン

悪い口コミから見るデメリット

フード自体の匂いがきつく、開けた瞬間「こんなの食べるの?」って思ったけどやっぱり食べない。

最初は前のフードと混ぜたり、トッピング追加したりと色々したけどこれだけ残します(-_- )

引用元:Amazon

モグワンはチキンとサーモンの香りが強いので、ドッグフードを変えたばかりは匂いがキツイと感じるかもしれません。これも食いつきが良くなる秘訣ですが、反対に食べない子もいるようです。

良い口コミから見るメリット

はじめてモグワンドッグフードをあげたときに、あまりの食いつきの良さにびっくりしました。

うちの子はドライフードが苦手で、今まで食べさせるのに苦労してきたのですがモグワンドッグフードに出会えて本当に良かったです。

引用:公式サイト

ドライフードが苦手な子でも、モグワンに変えたら食い付きが良くなったという口コミがありました。「人間が食べるご飯が好きでドッグフードを食べなかった子も、モグワンに変えたら食べるようになった」という声もあり、これはこだわり抜いた原材料のおかげでしょう。

愛犬が嬉しそうにご飯を食べる姿を見るのは、飼い主にとっても嬉しい時間ですね。

 

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

 

第3位:ファインペッツ 新処方ドッグフード

 

主原料をラム肉からアレルギー性の低い鹿肉に変更してリニューアルした、ファインペッツの新処方ドッグフード。ほかにもチキンや鮭肉などを配合し、肉類原材料は全体の7割にもなります。

犬の消化器官のことをしっかり考えており、フラクトオリゴ糖やビフィズス菌などが腸内環境の善玉菌を増やしてお腹の健康もサポート。消化不良で下痢をしやすいチワワにもおすすめです。

ドッグフードの形状は、小粒と大粒の2種類。愛犬が食べやすい大きさを選んであげることがベストですが、チワワは顎が小さいので小粒がおすすめです。

ファインペッツが初めての人は、たっぷり1.5kg入って1,000円で購入できるお試しセットから始めてみましょう。

内容量 1.5kg
価格 3.142円(初回お試し1,080円)
1kgあたりの価格 2,095円
カロリー 440kcal/100g
主食材 鹿肉・鶏肉・鮭肉など
対象年齢 生後2ヶ月以降
販売会社 株式会社エヴリワンズ

悪い口コミから見るデメリット

愛犬が食べてくれるならお試しではなく、通常商品を購入してもいいが

食べもしないフードに3~5千円もかけたくない。食べるなら、価格がいくらだろうと高いとは思わないが。

引用:公式サイト

価格が高いという声は少なからず見られました。愛犬が喜んで食べてくれるのならいいですが、この口コミのように食べてくれないと辛いという気持ちはわかります。

犬にも好き嫌いがあるので、たまたまファインペッツが口に合わなかったのでしょう。

良い口コミから見るメリット

ゴハンをほとんど食べず困っていた時に、藁をもつかむつもりで御社のドッグフードを購入してから、もう15回目を迎えました。

御社のドッグフードに変えてからゴハンが楽しみなようで、今でもゴハンの時間には目をキラキラさせて早くちょうだいと催促します。

引用:公式サイト

今までなかなか食べなかったのに、ファインペッツにしてから食いつきが良くなり、催促までするようになったという声です。

ほかにも「他のフードから切り替えたら下痢をしなくなった」「毛並みが良くなって掻きむしることもなくなった」など、愛犬の体調の変化を感じている人も。これはアレルギー性の低いラム肉や善玉菌が、体の内側からケアしてくれているのでしょう。

 

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

第4位:オリジン パピー

(Amazonより)

オリジンパピーの原材料は、牧草地で放し飼いされた鶏肉や七面鳥、産み落とされた卵など、全て地元で飼育されているものです。新鮮な原材料を使い、肉類は80%も配合。

犬はもともと肉を食べて生きてきた動物なので、肉の含有量が多いドッグフードはチワワも喜んで食べるでしょう。

酸化防止剤にはビタミンEを使っており、無添加・グレインフリーなので安心できるドッグフードです。少し価格が高価なのがネックですが、「愛犬の元気と健康を考えたら安い」と答えている人もいました。

内容量 2kg
価格 5,184円
1kgあたりの価格 2,592円
カロリー 396kcal/100g
主食材 鶏肉・七面鳥肉など
対象年齢 全年齢
販売会社 有限会社アカナファミリージャパン

悪い口コミから見るデメリット

うちの子は嫌いみたいで食い付きが悪く、鼻でドッグフードを押しつけ嫌だ嫌だと主張します。パピー用とは思えない粒の大きさ(大きい)もちょっと気になります。

引用:楽天市場

粒が少し大きめなので、チワワなどの小型犬には食べにくいという口コミはいくつか見られました。中にはミキサーで砕いてたり、ハサミでカットしている人もおり、少し手間がかかるのがデメリットかもしれません。

良い口コミから見るメリット

他のフードの時は、食べてくれなくて缶詰混ぜたり苦労しましたが、

オリジンに変えてからは、一度も一粒も残したことがありません。

引用:楽天市場

口コミを見ていると、オリジンはチワワだけでなく、プードルやシーズー、ポメラニアンなど、さまざまな小型犬の飼い主に愛されているようです。

また、「オリジンにしてから完食してくれるようになった」「便の状態が良くなった」など、愛犬の調子が良くなっているという声もありました。

大切な家族の一員だからこそ、犬の健康と成長をしっかり考えて作られているオリジンのドッグフードはおすすめです。

 

>>詳細ページはこちら

>>楽天から購入する

第5位:ナチュロル

ナチュロルもまた穀物を使っていないグレインフリーで、人口添加物を一切使っていない国産の良質なドッグフードです。

ナチュロルの原材料は17種類とシンプルで、主な主原料は生肉です。犬の好物であることはもちろんですが、原材料は全て産地が記載してあるので安心感が高いのもおすすめの理由。

また、ドッグフードに安定型持続ビタミンCを配合することに成功し、これは世界初です。ドッグフードが主食の犬はビタミンC不足になりやすいと言われていますが、ナチュロルはチワワの健康寿命をケアしてくれるでしょう。

内容量 1.7kg
価格 6,480円
1kgあたりの価格 3,530円
カロリー 370kcal/100g
主食材 牛生肉・鶏生肉・馬生肉
対象年齢 全年齢
販売会社 新しい製薬株式会社

悪い口コミから見るデメリット

夢中で食べている動画に癒されますが、給与量が少ないのですぐにお腹が空いたとアピールされしまうとのことでした。

食べるスピードも早いので、それだけ美味しいのでしょう。もっともっととアピールされるとあげたくなってしまいますが、ナチュロルは栄養素が多いぶんカロリーも高めなので肥満には気を付けましょう。

良い口コミから見るメリット

ナチュロルのビタミンCのおかげか獣医知らずで、シニアの差しかかっても毎日元気に遊んでくれています。これからも変わらず良いフードを作り続けてください。

引用:公式サイト

ナチュロルの栄養価の高さのおかげで、いつまでも健康を保っているとの声です。SNSでは、病気がちのチワワに免疫力を高めるためにナチュロルを与えているという人もいました。

毎日の食事が、愛犬の健康を支えているのですね。

 

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

カナガンが1位に輝いた理由はコレ!

今回紹介したドッグフードは、どれもチワワにとって最適なものばかり。しかし、なぜカナガンが最もおすすめなのか、完結に言うと以下の特徴があるからです。

  • グレインフリーはもちろん、保存料・酸化防止剤・着色料も無添加
  • チキン好きのチワワにはたまらない肉感
  • グルコサミン・コンドロイチンが健康をサポート

ここからは、カナガンの特徴を詳しく解説します。

100%無添加

市販のドッグフードには賞味期限を長くするため、保存料や酸化防止剤などの添加物が含まれています。しかし、カナガンは保存料や酸化防止剤、着色料も安心・安全の無添加です。

このため賞味期限が短いというデメリットがありますが、愛犬の健康を思えば許容範囲なのではないでしょうか。シニアになっても健康でいてほしいというのは、飼い主全員の願いと言っても過言ではありません。

グレインフリー

犬にとって消化しにくい穀物を、カナガンは一切使っていません。穀物の代わりにサツマイモが配合されているのですが、サツマイモは穀物よりも消化が良く、腹持ちも良いという特徴があります。

しかし、サツマイモはコストがかかるのでドッグフードに配合されていることは珍しいのです。その点でも、ワンランク上のドッグフードと言えるでしょう。

チキンの肉感たっぷり

カナガンはチキン51%と高配合です。チキン嫌いのワンちゃんには不向きですが、好んで食べるワンちゃんにはたまらない味でしょう。

食いつきが良いという口コミが多いのも、このチキンの肉感によるものではないでしょうか。

子犬から成犬まで幅広く対応

元気に走り回る犬にとって、骨や関節などの健康も大切。カナガンにはグルコサミンやコンドロイチンも豊富に含まれています。成長期である子犬からシニア犬の栄養管理まで、カナガンは幅広くサポートしてくれるのです。

また、原材料のサーモンオイルにはEPAやオメガ3という必須脂肪酸も含まれます。いつまでも元気でいてほしいという、飼い主の願いを叶えてくれるでしょう。

 

>>ドッグフード おすすめ

チワワ用ドッグフード選びのコツ

チワワ用のドッグフードを選ぶ際に、ここだけはチェックして欲しいというポイントを5つ、まとめました。

安全面重視なら添加物なしが◎

近年、犬も人間と同様「がん」やアレルギーが多発しています。それは、ドッグフードが「食品」ではないため厳しい管轄や基準がないことから、粗悪なフードが出回っているからです。

危険な添加物が多く含まれており、毒性が体に蓄積されて体に異変が起こるのです。

愛犬の元気と健康のためにも、私たち人間と同じようにできるだけ添加物が入っていないものを食べさせたいもの。公式HPで、フードの原材料をしっかり確認しましょう。

国産・輸入品の両方をチェック

日本より外国のほうが、ドッグフードに対しての安全基準が高いです。これによって外国産ドッグフードは良いものが多いという傾向があるのも事実です。

しかし、国産のドッグフードには全て国内の原材料から作られているものや、国内生産だからこそできる、保存料や防腐剤を使っていないものまであります。

国産・輸入品で決めるのではなく、ドッグフードの特徴をしっかりチェックすることをおすすめします。

少食のチワワには栄養価を重視

安価なドッグフードの中にはコストを抑えて量産すべく、カサ増ししているものもあります。チワワは体も小さいので一回の給与量も少ないです。一回分のフードでどれだけの栄養価が摂取できるのかが、元気と健康のカギとなってきます。

できれば栄養価の高いものを選んで毎日与えてあげましょう。

量と価格からコスパをチェック

添加物も入っておらず、原材料や栄養価もバッチリ!と思っても、毎日与えるフードはコスパも重視したいもの。気になったドッグフードはいくつかピックアップして、1kg当たりの価格を比較してみましょう。

今回紹介した5つのドッグフードは、それぞれ1kg当たりの価格を記載しました。参考にしてみてください。

ネットでの口コミ評判を参考にする

ネットの口コミはリアルな生の声と言えます。実際に購入して試した人や、経過をレビューしている人の声は非常に参考になるはずです。

Amazonや楽天などの大手通販サイトにも、ドッグフードのレビューが数多く存在します。中には愛犬の犬種を書いている人もいるので、チワワを飼っている人の声も聞くことができます。

チワワにフードをあげる時の注意点

 

次は、チワワにドッグフードを与える際に気をつけたい注意点です。4項目にまとめました。

チワワの体格で量を調整しよう

チワワの食事の一回量は少量です。しかし、同じチワワでも大きめの子・小さめの子といるのは、生まれ持った体格の違いもあります。

また、運動量によっても食べる量が変わってくるはずです。まずは規定量を与え、足りないようなら少し足してみるなど、調整してフードを与えましょう。

フードの量はメーカーごとに違う

ドッグフードの種類によって、一回の給与量が変わってくることも覚えておきましょう。

今回紹介した、モグワン・カナガン・ファインペッツのチワワへの給与量は以下です。

【成犬・3kgのチワワの場合】

ドッグフードの種類 チワワへの一日の給与量
モグワン 76g
カナガン 35〜80g
ファインペッツ 36g

 

これはドッグフードに含まれる栄養価やカロリーの違いです。フードの与えすぎは肥満や消化不良など、チワワの健康を害します。その子の様子を見てフードの量を調整しましょう。

フードをあげるのは運動後が◎

体を動かしたあとお腹がすくのは、人間も動物も同じです。お散歩やドッグランなどをはじめ、屋外で走り回ったあとは食い付きも違うはず。

チワワは体が小さいので、室内で遊ぶだけでも運動になります。しっかり体を動かしたあとドッグフードをあげると、愛犬も喜んでくれるはずです。

「好き嫌いも個性」と寛容な心

犬も人間の私たち同様、好き嫌いがあって当たり前です。特にチワワは味にうるさいので、気に入らないフードは食べないこともあります。

ふりかけをかけてみても食べない場合は、思い切ってドッグフードを変えてみるのも良いでしょう。チワワは変化を嫌う性格なので、気に入ったフードはお皿まで舐めて「美味しい」とアピールしてくれるでしょう。

愛犬には安心・安全のドッグフード♪

同じチワワでも体格や性格が違うのと同じように、味の好みだって異なります。愛犬の様子をしっかり見て、その子に合ったドッグフードを選ぶことが大切です。

有名なメーカーだからとドッグフード選ぶのではなく、原材料や栄養価に注目して選びましょう。ドッグフードは、愛犬の元気と健康の源です。

しかし、チワワは臆病で警戒心も強い犬種です。見慣れないドッグフードに抵抗して食べないこともあるので、そのときは手に乗せてあげてみましょう。

信頼する飼い主さんだからこそ、安心して食べれるようになるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*