アレルギー対応のドッグフードはコレ!おすすめアレルギー対策フード5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンちゃんのアレルギーを改善するには、どんなドッグフードを選ぶ必要があるのか。アレルゲンとなるものはワンちゃんによって異なり、食物アレルギーからダニやほこりといった環境因子まで幅広く考えられます。症状も多岐にわたり、涙やけや痒みといった皮膚の症状から下痢や嘔吐といった消化器に関わるものまであります。この記事ではそんなアレルギーの発症メカニズムや原因、症状、発症した時の対応、そしてアレルギー対応食についてまとめています。正しい対処法を知り、ワンちゃんの健康を守ってあげましょう。

ワンちゃんにもアレルギーがある

人間にもアレルギーはありますが、ワンちゃんにもあります。その主な原因は、ドッグフードに含まれる材料です。

もしある時を境にワンちゃんの毛が急に抜け出したり、ある部分をしきりに痒がったりしているようであれば、もしかしたらそれはドッグフードの材料にアレルギー反応を起こしているからかもしれないのです。

ワンちゃんをアレルギーから守るために、ドッグフードの選び方を見直してみましょう。

ワンちゃんのアレルギーについて知ろう

まず、アレルギーのメカニズムについて解説します。基本は人間のアレルギーと同じです。

ワンちゃんのアレルギーのメカニズム

アレルギーとは、本来有害なものを排除するための免疫機能が、有害ではないものに対して過剰反応してしまうことです。

人間の花粉症を例に挙げると、花粉は体に有害なものではありません。しかしそんな花粉に対して体が過剰に反応してしまうことで、くしゃみや痒みと言った症状が起きるのです。

ワンちゃんの場合に多いのは、ドッグフードに含まれている穀物に反応するアレルギーです。

穀物はワンちゃんにとって有害なものではありませんが、もともと穀類を食べない動物であるワンちゃんにとっては、あまり消化のしやすいものではありません。それもあって、体が穀類を有害だとみなしてアレルギー反応を起こしてしまうのです。

もちろん穀類に対するアレルギーが多いというだけであって、ほかの原因がないわけではありません。ドッグフードによく使われる牛肉やポテトに対してアレルギーを起こすワンちゃんも少なくありません。

愛犬がアレルギー反応を起こしたら、ドッグフードの原料を見ながら何が原因なのかを特定する必要があるのです。

アレルギーの代表的な症状

ワンちゃんのアレルギーには、以下のような症状があります。

  • 体中を痒がる
  • 体を執拗に舐める
  • 脱毛
  • 大量のふけ
  • 素肌部分の赤み
  • 涙やけ
  • 口の周辺のただれ
  • 強い口臭
  • 嘔吐
  • 下痢

どの症状が現れるかはワンちゃんによって異なりますが、一般的には痒みを生じることが多いです。

症状がひどいと出血するまで掻きむしることもあります。これらの症状が見られたらアレルギーを疑いましょう。

アレルギー症状は緩和できる

アレルギーは上記のような恐ろしい症状を引き起こすこともありますが、対策することも可能です。

アレルギーの原因がわかっているなら、その原因物質に触れないようにするだけで症状は大きく改善できます。

たとえばドッグフードを変えたとたんにこのような症状が出たら、すぐにそのドッグフードを中断しもともと使っていたものに戻しましょう。

そして、動物病院で診てもらうことが大切です。抗アレルギー薬を使って治療することもできるので、まずは獣医に診てもらいましょう。

ワンちゃんがアレルギーになる原因

ワンちゃんのアレルギーの原因について見ていきましょう。

体質に合わないフード

アレルギーになる原因として最も多いのがフードの原料です。以下のような原料が、ワンちゃんのアレルギーの原因になりやすいといわれています。

  • 小麦
  • 鶏卵
  • ラム肉
  • 牛肉
  • 大豆
  • トウモロコシ
  • ジャガイモ

とくに小麦やトウモロコシなどの穀類はアレルギーの原因になりやすいです。肉は牛肉の例が多く、鶏肉や鹿肉、馬肉、魚類などは比較的アレルギー性が低いといわれています。

これら原料のほかにも酸化防止剤や着色料といった添加物もアレルギーを引き起こします。

アレルギー症状を引き起こしたら、ドッグフードの原料を見て何が原因なのかを特定することが必要になります。

遺伝や環境因子

以下のような環境因子が原因となることがあります。

  • 花粉
  • ダニ
  • ほこり

なにが原因でアレルギーを発症するかは遺伝による影響も大きく、ワンちゃんによって大きく差が出るのです。

食物アレルギーが多いとはいえ、そのほかにも考えられる原因があることを知っておきましょう。

ワンちゃんのアレルギーへの対策方法

そんなワンちゃんのアレルギーには、対策方法があります。発症しても慌てずに正しく対処しましょう。

食物アレルギーはドッグフードで対策

食物アレルギーであれば、ドッグフードを変えることで対策できます。それまでワンちゃんに与えていたものとは原料が異なるものを与えるようにしましょう。

そのためにも、ドッグフードを選ぶ際には原料をよく見たうえで判断することが大切です。アレルギー症状を抑えるためにはもちろんのこと、今後同じ症状を発症しないように愛犬がなにに対してアレルギーを発症するのか知り、それを避けたドッグフード選びが求められます。

きちんと獣医師の診断と治療を受ける

病院でアレルギーの原因を特定することができます。それさえできればあとはそのアレルゲンを避けて生活するだけで、ワンちゃんの症状は大きく改善するでしょう。

また病院では抗アレルギー薬や療法食などを使った治療も可能なので、まずは獣医師に診てもらいましょう。

獣医師にアレルギー対策におすすめのドッグフードなどを教えてもらって与えるのも良いでしょう。

おすすめアレルギー対応ドッグフード5選

獣医師も推奨するアレルギー対応ドッグフードを紹介します。

モグワン

(Amazonより)

モグワンは穀類を含まないグレインフリーで、添加物も天然由来のものだけを使ったドッグフードです。

チキンとサーモンといったアレルギー性の低い原料を使っているのも特徴です。

良い口コミ

我が子は今までのドッグフードだと食べむらがあったが、食いつきがよかったです!

4か月与えましたが太ることもなく健康です。

食べはじめてから2ヶ月半です。皮膚病もほぼ治り毛並みがかなりよくなりました。

食いつきの良さはもちろん、ワンちゃんの健康を考えられて作られたフードなので体調が良くなったという声が多くみられました。

悪い口コミ

いい値段しましたがまったくと言っていいほど食べませんでした。

このドッグフードに変えてからうんちも臭すぎるし、もう買わない。

なかにはあまり食べないワンちゃんや、便の臭いがきつくなったというワンちゃんがいるようですね。

モグワンの成分と特徴

主原料 チキン、サーモン
酸化防止剤 天然由来の成分のみ使用
着色料 不使用
穀類 グレインフリー

アレルギーの原因となりやすい肉や穀類が使われていません。とくにサーモンは安全性が高いです。添加物も酸化防止剤としてビタミンEが使われているのみです。アレルギーの原因を可能な限り排除したドッグフードといえます。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

カナガン

(Amazonより)

カナガンも獣医師が推奨するドッグフードとして有名です。ワンちゃんにとって優しい原材料がつかわれています。

良い口コミ

このフードを与えてからとての元気で、ウンチも耳たぶの硬さ、嘔吐なし、毛艶よし、涙やけも酷くならない

前のご飯はなかなか食べず残していましたが、カナガンは夢中で食べてます。

健康診断をうけたんですが、どこも悪いところもなく凄くいい数値です!ご飯がいいんだと思いますよ!と病院でほめられました。

カナガンに変えてからワンちゃんが元気になったという声が多くみられました。

悪い口コミ

8歳になるMダックスにあげましたけど結局うんちが軟らかい。

サンプルは与えてみましたが口につけようとしません

なかなか食べてくれないという声や、便が軟らかくなってしまったという声が見られました。

カナガンの成分と特徴

主原料 チキン
酸化防止剤 天然由来の成分のみ使用
着色料 不使用
穀類 グレインフリー

肉はチキンのみを使用。そのほかサツマイモやサーモンオイルなどを使っています。ただジャガイモや卵を使っているので、アレルギーを発症する可能性もわずかにあります。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

ファインペッツ極

(公式サイトより)

ファインペッツ極は肉の配合量を9割まで増やし、完全グレインフリーにしたドッグフードです。ワンちゃんにとって消化しやすい肉原料がたくさん使われた、優しいドッグフードといえます。

良い口コミ

会う人会う人に「綺麗なワンコですね」といろんな所で褒められます。

あれほど苦しんでいた愛犬の下痢が日に日によくなり、今現在は正常なウンチに戻りました。

こちらのフードに変えてから3分前後で完食する毎日で正直驚いています。

毛並みがきれいになったという声や、便が良くなったという声が見られました。

悪い口コミ

愛犬が食べてくれるならお試しではなく、通常商品を購入してもいいが食べもしないフードに3~5千円もかけたくない。

会社の対応も、言動もイマイチ…

ワンちゃんが食べてくれないという声や、会社の対応が良くないという意見が見られました。

ファインペッツ極の成分と特徴

主原料 アヒル、ニシンなど
酸化防止剤 天然由来の成分のみ使用
着色料 不使用
穀類 グレインフリー

アヒル肉とニシンで原材料の9割を占めます。どちらもアレルギー性は低く、とくにニシンはなので安心感があります。国産ではありませんが、アヒル肉はフランス産です。中国産の原料は使っていないので安心できます。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

オリジン オリジナル

(Amazonより)

高品質な肉をふんだんにつかった商品として人気です。ラインナップが豊富なのも魅力で、ここではそのなかで最もオーソドックスなオリジンオリジナルについて紹介します。

良い口コミ

初めて使うので不安がありましたが、下痢もなく良い便が出て安心しました。

よく食べます。値段が高いですが、少しでも身体に良い餌を与えたいと思い毎回購入しています。

食いつきもいいし、外耳炎も収まってきているようだ。

体調が良くなったという声が多くみられました。

悪い口コミ

与える量が少なめでいいことは分かるが値段が高すぎる。

猫用と間違って購入。

価格が高いのが残念だという声が。またパッケージがわかりにくく、猫用と間違ってしまったという声がありました。

オリジンオリジナルの成分と特徴

主原料 チキン、ニシンサーモンなど
酸化防止剤 天然由来の成分のみ使用
着色料 不使用
穀類 グレインフリー

原材料は新鮮な肉をすぐに加工して使っています。肉はチキンやニシンサーモンなどアレルギー性の低いものを中心に配合されているので安心です。もちろん穀類は使われていないため、ワンちゃんに負担の少ないドッグフードといえるでしょう。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

アカナ シングルシリーズ

(公式サイトより)

アカナはオリジンドッグフードと同じ会社が作っている商品ですが、肉の配合量が少なく価格が安いなどの違いがあります。

アカナにも多くのラインナップがありますが、そのなかで特筆すべきはシングルシリーズです。

シングルシリーズは単一のタンパク源しか使われていないので、アレルギーの原因を避けてドッグフードを選ぶのが容易になっています。

シングルシリーズには4つの商品があり、それぞれ以下の原料だけ使われています。

  • グラスフェッドラム:ラム肉
  • フリーランダック:カモ肉
  • ヨークシャーポーク:ブタ肉
  • パシフィックピルチャード:イワシ

良い口コミ

アレルギーが出にくくなっています でも太りやすいので、そこが難点

調子は良いので暫く続けたいと思います。

毎食、ガツガツ、ペロリと食べてしまう

アレルギーが出にくいと安心して与えられますね。ワンちゃんが気に入ったら継続的に与えてあげましょう。

悪い口コミ

与えてすぐウンチのにおいがきつくなった。

粒が大きいのでチワワちゃんや、老犬は大変かな?

便の臭いがきつくなったという声が見られました。また粒が大きく、食べにくいという意見も。

アカナシングルシリーズの成分と特徴

ここではパシフィックピルチャードを例に、成分と特徴を紹介します。

主原料 イワシ
酸化防止剤 天然由来の成分のみ使用
着色料 不使用
穀類 グレインフリー

主原料が単一なので安心できます。複数の肉が含まれていると、そのうちどれからアレルギーの原因になっているだけで他のフードに変えなくてはならないので大変です。

たとえこのシリーズでアレルギーを発症しても原因の特定と対策が容易です。ワンちゃんのアレルギーに悩む飼い主さんにおすすめのドッグフードです。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

ワンちゃんにピッタリなフードを選ぼう

もしワンちゃんがアレルギーを発症したら、早めに獣医に見てもらいましょう。そして獣医と良く話し合ったうえで、アレルギーの原因が含まれていないドッグフードを選んでいきましょう。

その際には原材料を見て、アレルゲンが含まれていないものを選ぶことが必要になります。

ぜひあなたの手で、ワンちゃんの健康を守ってあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*