こだわりの缶詰ドッグフードを紹介!選ぶポイント5つとおすすめ商品3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬に与える食事はカリカリの固いドッグフードが主流ですが、ときには味を変えて缶詰のドッグフードを与えたくなりませんか?愛犬の特別な記念日や頑張ったご褒美など、ちょっとしたお祝いに出すのも最適。いつもとは違った味わいや食感、香りに愛犬も驚きの食べっぷりを見せてくれるに違いありません。思わず愛犬の目の色も変わってしまう、美味しい缶詰のドッグフードはどれ?この記事を読んで、人気のドッグフード缶を知ってください。

愛犬のために選びたい缶詰のドッグフードは?

  • 缶詰のドッグフードはこのポイントを重視して選ぼう
  • 安全性と人気が高いドッグフード缶詰をピックアップ
  • シニア犬にぴったりなドッグフード缶詰を紹介
  • 愛犬の気持ちが分かるドッグフード缶詰の魅力

缶詰のドッグフードのフタを開ければ、鼻先をくすぐる柔らかな素材本来の香り。人の鼻でも美味しそうと感じるのですから、愛犬の鼻にはたまらない香りが届いていることでしょう。

期待を胸に尾をぶんぶんと振る愛犬がほほえましく思えませんか?缶詰のドッグフードをエサ皿にあけた瞬間、待っていましたと言わんばかりに食いついてくれます。

しかし、そのドッグフードの缶詰は本当に安全なものなのでしょうか?せっかくの特別なごちそうなのですから、より美味しく安全な商品を与えてあげたいものです。そこで、缶詰のドッグフードを選ぶコツをまとめました!

これを読めば、愛犬にふさわしいドッグフード缶が分かります。美味しい缶詰を選び、いつもとは違ったメインディッシュを用意してあげてはいかがでしょう。

缶詰ドッグフードを選ぶ5つのポイント

缶詰のドッグフードは数多くありますが、その中からより良い美味しいものを選ぶにはどうしたらよいか?5つのポイントをつかめば簡単に見分けがつきます。

原料の品質をチェック

犬は肉食なので、牛肉や魚などの「動物性たんぱく質」が必須条件。まず、小麦やとうもろこしなどの穀物類は胃腸に負担をかけるだけなので、穀物不使用のグレインフリーのものを選びましょう。

生のチキンやサーモン、ラムなどが使われているもの。さらには、生チキン〇%など詳しい割合が書かれている物は、信頼性も安全性も高いものです。

高品質な肉類を使用している、ヒューマングレードのものを選ぶようにするのが最適です。

添加物や着色料などの材料をチェック

長期保存ができる缶詰は、安定剤など人工保存料や中身の色合いが保てるよう発色剤を使用している場合があります。アレルギーなど健康トラブルを誘発する恐れがあるため、なるべく避けたいもの。

酸化防止剤として天然成分を使っているものもあるので、原材料表は必ずチェックしましょう。愛犬に負担をかけないためにも、無添加のドッグフード缶を選ぶことが大切です。

生産国をチェック

ペット先進国と言われるフランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、カナダはペットフードに使用する原材料に対して厳しい規定を設けています。
ドッグフードを「雑貨」として扱う日本では、国産の商品を選びたいと思ってもグレインフリーのメーカーは極小。厳しく管理されたペット先進国のドッグフード缶は、安全性が高いと言えます。

愛犬のライフステージに合っているか

子犬期、成犬期、シニア期で必要な栄養や摂取カロリーが違ってきます。そのためドッグフードにもパピー用、成犬用、7歳からのシニア用など多彩な種類に分かれています。

愛犬の年齢や体格、健康状態にぴったりのフードを選ぶようにしましょう。

続けられるコスパかを考える

犬の寿命は平均で15年と言われています。愛犬のためを思って高価な食事を用意しても、自分の収入と見合っていなければ負担になるばかり。

自分の収入と愛犬の健康状態、食の好みなど総合的に見てぴったりのフードを選ぶことが大切です。

評価の高いプレミアムな缶詰ドッグフード3選

5つのポイントを押さえた人気の高いドッグフード缶を厳選!実際に購入した人の口コミを踏まえ、チェックしてください。

1位「カナガン」

(公式サイトより)

  • 英国王室エリザベス女王より表彰されたプレミアムフード
  • グレインフリー・人工添加物不使用
  • 全犬種、全ライフステージに使用できる
  • 上質な生の鶏肉をたっぷりと使用したヒューマングレード

ベースとなる肉は鮮度抜群な鶏肉を使用し、新鮮野菜もふんだんにつかったドッグフード。ペット先進国であるドイツの工場で作っているので、安全性も高い商品です。

素晴らしい栄養バランスで、全犬種・全ライフステージに対応可能。人工添加物不使用なので、愛犬に負担をかけることもありません。

子犬からシニア犬まで幅広く使用ができる、英国王室エリザベス女王にも褒めたたえられたドックフードです。

良い口コミから見るメリット

わが家の2匹はとても食いつきが良く、ガツガツと食べていました。 しっかりと肉付きがよくなっているのを感じることができ、カナガンは栄養価が高い良いフードだと実感しました。 小型犬で食の細い子に最適だと思います。

引用元:公式サイト

https://www.instagram.com/p/BY4qQarDdTs/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3

https://www.instagram.com/p/BX18wltAZdu/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3

栄養価が高いことから、愛犬の健康も整ってくるという声が最多。ペット先進国各地では店頭に並ぶカナガンも、日本では通販のみというのが痛い現状のようです。どうしても単価が高くなるのは、輸入しているというのもあるのでしょう。

悪い口コミから見るデメリット

匂いも通常のドッグフードと違い、ちょっと臭い感じもしますが素材本来の香りなのかなと思います。期待してあげてみましたが、食べっぷりは上々。しかし、便がゆるくなってしまいました。

引用元:独自調べ

どんなに上質なドックフードでも、愛犬との相性が合わなかったら食べてくれるのも難しいみたいです。また、自然素材を使用しているため、今までのドッグフードからいきなり変えると刺激になってしまうかもしれません。

まずは徐々に慣らしていってみましょう。

主原料 骨抜きチキン生肉(65%)、サツマイモ、プレバイオティックス(チコリ―、バナナ)
特徴
  • 厳選したチキンをたっぷりと使い、厳選野菜とバランスよく配合
  • 全犬種対応かつ全ライフステージ用
  • ペット先進国であるドイツ産
添加物保存料などの有無 穀物不使用のグレインフリー
人工添加物不使用
内容量 400g×3缶セット
価格 3,960円(税抜)/1缶1,320円(税抜)
100gあたりの価格 330円
カロリー(100gあたり) 105.82Kcal

>>詳細はこちら

>>公式サイトはこちら

2位「ナチュラルバランス」

(公式サイトより)

  • アレルギー持ちの愛犬に最適なバランスの良いフード
  • 不足な栄養素を補うため30種類もの天然サプリメント入り
  • 全年齢に安心して与えられるAAFCO基準をクリア

ペット先進国の1つであるアメリカで製造されたナチュラルバランスは、品質の高いAAFCO基準をクリアした安全性の高い商品。

有害とされる化学薬品や人工保存料、人工着色料などは使用せず、栄養を補給するために含まれているサプリも天然のものを使用しています。子犬からシニア犬まで使用できる全年齢タイプ。

アレルギー対策を考慮に入れた商品だけあり、体に悩みのある愛犬にもバランスの良い栄養を与えられることが期待できます。

良い口コミから見るメリット

膀胱結石になった愛犬に、水分を摂らすためウェットフードにチャレンジしました。ドライフードより美味しいのか、ガツガツ食べてくれます。でもお値段が高いので、短期間だけにします。

引用元:公式サイト

 

食物アレルギーを発症してしまった愛犬のために購入です。唯一食べられるフード、普段は生食なのですが旅行に行くのでそのときの食事&非常食に。ガツガツと食べていました。

引用元:楽天市場

 

アレルギーだから食べれるフードが少ないけとこれは気に入ってくれます。ただ毎回缶切りを使用する所が少し面倒くさいです。

引用元:楽天市場

水分も栄養も豊富なドッグフード缶は、まさに名前通りのナチュラルなバランスのようです。体に心配な点がある愛犬にも安心して与えることができると好評。しかし、缶の作りが少々面倒と感じるみたいです。

悪い口コミから見るデメリット

水分があまりないのでポロポロしていて食べずらいようでしたので水をいれて柔らかくしてあげました。

引用元:公式サイト

 

避妊手術後の食欲減退が不安でウェットフードを購入しました。ブラックウッドも買ったのですが、食いつきはどちらも良かったです。しかし、これ、缶切りがいるんですよ。今時、缶切り・・・結構探しました。

引用元:楽天市場

ウェットフードとしては水分が少々足りないという声も見られました。そのときは水分を足したらちょうど良いみたいです。良い口コミにもありましたが、缶切りが必要な作りがネック。今後の改善に期待したいものです。

主原料 鹿肉、シロマス、ダック、チキン、ラム

※各シリーズにより主原料に違いがあります

特徴
  • 主原料はどれも上質な肉や魚を使用
  • 30種類もの天然サプリで栄養をカバー
  • 有害となる添加物は不使用
  • 全年齢対応フード
添加物保存料などの有無 合成保存料、人工香料、着色料不使用
内容量 170g~
価格 442円(税込)~
100gあたりの価格 260円~
カロリー(100gあたり) 86Kcal~

 

>>詳細はこちら
>>公式サイトはこちら

3位「ニュートロ シュプレモ」

(Amazonより)

  • 17種類の厳選素材を絶妙バランスで配合
  • 栄養が高く消化率も良いので子犬からシニアまで使用可能
  • ドライに比べ約70%カロリーオフ

上質なチキン、ラム、サーモンなどの動物性タンパク質を主とし、野菜やフルーツをバランスよく配合。栄養価がとても高く消化率も良いので、小さな子犬から食が細くなりがちなシニア犬にまで安心して与えられます。

またカロリーケアも考え抜かれているので、ダイエットを目的とした使用もできます。

良い口コミから見るメリット

カロリーを大切にすると美味しさを除外してしまい犬にとって楽しみな食事の時間を取り上げてしまいがちですが、シュプレモはカロリーをきちんと考えてかつ美味しいとなると飼い主にとっても犬にとっても嬉しい商品。

引用元:公式サイト

 

愛犬の大好物なので、毎日1つだけ与えています。カロリーオフなので、太りやすい愛犬の体重管理にも嬉しいです。

引用元:楽天市場

 

最近食欲が落ちついたのか与えてたドライフードに飽きたのか残したり食べなかったりしてたのですが、ちょっといつもと違ったものをと思いこれをやると尋常じゃない食いつきでした。

引用元:Amazon

 

カロリーバランスが良いため、ぽっちゃりな愛犬から食欲が細くなるシニア犬にも人気。与えるとあまりの美味しさに威嚇しながら食べるというワンちゃんもいました。愛犬にも楽しい時間を与えてくれているようです。

悪い口コミから見るデメリット

けっこうぎっしり詰まってます。缶詰ほど臭いもキツくないです。うんちが黒くなるのでビックリしました。

引用元:楽天市場

 

家畜の飼料を思わせるにおいです。 愛犬は普段のウェットフードをほぐすと見に来て待っていますが、こちらは見に来たかと思ったらそのまますぅっと戻ってしまいました。

引用元:Amazon

 

実は穀物が入っているドッグフードと違い、動物性タンパク質が多く含まれているものはうんちが黒くなる傾向にあります。さまざまな素材が含まれているので、匂いがキツイと感じる人もいるようです。

主原料 チキン、ラム、サーモン、全卵、玄米・オーツ麦、ひまわり油、亜麻仁、チアシード、パンプキン、ケール、ほうれん草、ニンジン、トマト、ココナッツ、ブルーベリー、リンゴ
特徴
  • 厳選した自然素材を絶妙なバランスで配合
  • カロリーオフでダイエットにも最適
  • 子犬用、成犬用、シニア用と種類が多彩
添加物保存料などの有無 添加物保存料は不使用

自然由来のミックストコフェロール、ローズマリー抽出物を使用

内容量 100g
価格 133円~
100gあたりの価格 133円~
カロリー(100gあたり) 子犬用:125Kcal

成犬用:115Kcal

シニア犬用:105Kcal

>>詳細はこちら
>>公式サイトはこちら

老犬におすすめの総合栄養食缶詰ドッグフード3選

体が衰え食も細くなるシニア犬に適した、栄養バランスの良いドッグフード缶はこちらです。

1位「デビフ(dbf)シニア食」

(Amazonより)

  • シニア犬でも食べやすい柔らか食感
  • 鶏胸肉を初めヘルシーかつ栄養価の高い素材を使用
  • シニア犬の健康を考えた栄養素を配合

食べるのも難しくなるシニア犬向けに作られたシニア食。鶏胸肉、鶏レバーといったヘルシーな素材をベースに、豚の心臓など栄養価が高い素材が使用されています。柔らかく食べやすいので咀嚼が難しい犬にも最適。

DHA・EPA配合、乳酸菌・オリゴ糖配合、グルコサミン・コンドロイチン配合と3種類に分かれているので、愛犬の体調や健康状態に合わせて使い分けることができます。

良い口コミから見るメリット

腎臓が悪くなってからこちらの商品にはお世話になりました。体調が悪かったり、嗜好が変わったりで今まで食べていたのに全く手をつけなくなったりしてデビフシリーズで栄養補給頑張っていました。

引用元:楽天市場

 

食いつきは、いつも良く何度かリピートしています。DHA/EPAが入っているので、認知症状も緩和されている気がしています。また無くなったらリピートさせて下さい。

引用元:楽天市場

 

愛犬が、7月末に急に食欲を無くして寝たきりになってしまいました。何とか助けたくて、手を変え品を変え、試しましたがこのシリーズの缶詰にだけ、やっと口を開けてくれ、助かりました。

引用元:楽天市場

歳をとり、体が弱ってくるとさまざまな不調を引き起こしかねません。カロリーも少なく、食べやすさと栄養バランスを考慮したこちらのドッグフードなら、老衰した愛犬にも与えやすく、とても助かったという声が多くありました。

悪い口コミから見るデメリット

元々食が細く好き嫌いが多い気分屋の14歳のチワワですが^^;此方のシリーズの85g缶詰は食べたり食べなかったりするのに、この商品は全く食べてくれませんでした凹商品自体は良いものだと思います。

引用元:Yahoo!ショッピング

 

食事が細くなり体力が落ちないよう、水分も多いこちらのフードを与えています。しかし、ちょっと便がゆるくなりました。

引用元:独自調べ

シニア犬に人気があるデビフシリーズですが、好き嫌いの多い犬は食べない場合もあるみたいです。体内の機能も弱ってきているので、お腹を痛くしてしまう子もいるのかも。まずは1~2缶あげて様子を見たいですね。

主原料 鶏胸肉、鶏レバー、豚心臓、人参、じゃがいも、グリンピース
特徴
  • 犬の健康状態に合わせた栄養素を配合
  • カロリーオフ
  • 食べやすい柔らか仕上げ
添加物保存料などの有無 保存料・着色料未使用
内容量 150g
価格 176円~
100gあたりの価格 85円~
カロリー(100gあたり) 70Kcal

>>詳細はこちら
>>公式サイトはこちら

2位「アニモンダグランカルノウェットシニア」

(Amazonより)

  • 牛肉、ラム、七面鳥など栄養豊富な厳選素材
  • 生肉に近い上質な肉厚と風味を楽しめる
  • 穀物や大豆は不使用のグレインフリー

フタを開ければ芳醇な香りが鼻先をくすぐります。牛肉やラム、七面鳥など栄養価が高い肉を、風味を損なわぬよう冷凍せずにそのまま使用。肉厚もありコンビーフのような食べ応えに愛犬も興奮を隠せません。

食感も柔らかく、犬の負担となる穀物や大豆は不使用。特別な日に、ドライフードのトッピングとしても愛されています。

良い口コミから見るメリット

このシリーズは愛犬のお気に入りです。乾燥フードだけで飽きてしまったとき、ちょっと混ぜてあげると食い付きが違います。美味しそうな臭いもします。

引用元:Yahoo!ショッピング

 

無添加の缶詰を探していて、この商品の口コミがよいものが多かったので、試しに購入しました。食いつきもよかったし、便もゆるくなったりしなかったのでよかったです。

引用元:楽天市場

 

同じくグランカルノのドライと混ぜてあげています。ウェットを混ぜると食いつきもいいです。安心の品質なので、ずっとアニモンダです。たまに輸入の関係か、品薄になるので切らさないように気を付けています。

引用元:楽天市場

とにかく食いつきが良いという声が多く目に留まりました。健康を維持しながら良質な食事を与えてあげられる、飼い主の幸せが伝わってきます。シニアは2種類しか発売されていないため、どうしても品薄になりがち。

今後、もっと種類が増えていくことを期待したいですね。

悪い口コミから見るデメリット

何年も同じフードを食べさせていますが、今回は封を開けた途端とても匂いが気になりました。臭い!今迄こんな事は初めてです。商品管理が悪いと思います。

引用元:Yahoo!ショッピング

 

添加物が少ないという点で購入してみましたが、シニア用にしては脂が多いと思います。愛犬は介護で流動食に少し混ぜてますが、これが毎日だと運動量も少ないし、代謝も悪いので少量でもちょっとあげられないかな。

引用元:楽天市場

 

上質な食材を使っているだけあり、価格も少々高め。公式ではなく、他で少しでも安く購入するという方もいましたが、ストアの品質管理に問題がある場合も多いみたいです。

食材をそのまま使用しているので、どうしても脂っこいと感じてしまうのかもしれません。トッピングなどで使用するのもよさそうです。

主原料 牛肉(肺・心臓・レバー・肉・乳房・腎臓)、七面鳥の心臓、子羊肉(レバー・第一胃)など

※シリーズによって主原料は異なります

特徴
  • 選び抜いた厳選素材を冷凍せずそのまま使用
  • 素材の風味を存分に堪能できる
添加物保存料などの有無 人工添加物、着色料不使用
内容量 400g
価格 583円(税込)
100gあたりの価格 68円
カロリー(100gあたり) 109Kcal

>>詳細はこちら
>>公式サイトはこちら

3位「ロイヤルカナン」

(公式サイトより)

  • 栄養バランスに細心の注意を払った栄養食
  • ドライフードとも併用できる絶妙なカロリーバランス

ロイヤルカナンはシニア犬用としてドッグフードを販売しておりません。しかし、多くのシニア犬が悩む関節や心臓、腎臓などのケアに役立つ商品を多数販売しています。

療養食を視野にいれた頼もしいフード。獣医と相談すれば、愛犬の体調に合わせた食事を与えることができます。

良い口コミから見るメリット

好き嫌いが激しく、ドライやセミモイストのフードだとすぐに飽きて食べなくなってしまう子ですが、こちらは飽きずに喜んで食べてくれています。

引用元:公式サイト

 

我が家のシニア犬に 鹿肉にマチュアをプラスして 時々チーズトッピングして食べさせいます。ものすごく美味しいらしく あっという間に完食。他の缶詰めフードは いくら鹿肉を入れても 見向きもしません。

引用元:楽天市場

 

食べやすく少しチンして食べさせてます。ペーストみたいにたべやすいみたいです。

引用元:Amazon

ペースト状なので薬を与えるときにも使用しやすいという声も多く、食いつきも良いと評判が高い商品。トッピングとして使用できるなど、ロイヤルカナンは多彩なシーンで活用できるドッグフード缶であることが分かります。

悪い口コミから見るデメリット

今回は以前より値上がりしていたけど必要で購入したが半分、缶がヘコんでいた、犬の餌だけど気分が悪い・・・

引用元:楽天市場

驚いたのがロイヤルカナンの悪い口コミが少ないことです。こうして缶がへこんでいたなどの品質に関するマイナスの意見はありましたが、公式サイトで購入したものではないので品質は劣るのかもしれません。

主原料 豚肉・家禽ミート、豚レバーなど
特徴
  • 療養食としても優秀な優れた栄養バランス
  • 愛犬が必要とする良質な食事を与えられる
添加物保存料などの有無 添加物不使用

独自の抗酸化成分を使用

内容量 195g
価格 3個セット1,063円(税込)~
100gあたりの価格 181円
カロリー(100gあたり) 104Kcal

>>詳細はこちら
>>公式サイトはこちら

缶詰のドッグフードの魅力

カリカリのドッグフードとは違い、柔らかでジューシーな缶詰のドッグフードにはどんな魅力があるのでしょう。

缶詰ドッグフードのメリットとデメリット

メリット

  • 犬の主食となる動物性タンパク質が豊富
  • 水分量が多い
  • 素材本来の香りと風味が楽しめる

犬が積極的に摂取したい動物性タンパク質を豊富に含んでいます。缶詰のドッグフードは、水分量が多く柔らかな食感が特徴的。カリカリのドッグフードに比べ、消化が早いのもメリットです。

また、水分がとても多いので体調が悪いときの水分と栄養補給にも最適。食の細い子でも、芳醇な香りに食欲をかき立てられ食いつきが良くなります。

デメリット

  • 水分量が多いため便が柔らかくなりやすい
  • 毎日歯の手入れが必要
  • 長期保存には不向き

水分が豊富なウェットタイプなため、ドライフードに比べて歯垢がつきやすい傾向にあります。虫歯や歯周病にならないためにも、毎日の歯の手入れは必須。また、水分が多いため便が柔らかくなる傾向にあります。ドライフードよりも生に近いので、長期保存には不向き。缶を開けたら早めに食べなければなりません。

ドライフードとの違い

素材をそのまま使用しているウェットフードは、犬にとって最も必要な動物性タンパク質も約66%~と豊富に含まれています。対するドライフードは約60%~と少なめ。水分も10%以下と低いため、新鮮な水は必ず用意しなくてはなりません。
ただ、ドライフードはとても堅いため、愛犬の顎を鍛えるのに適しており、健康的な歯の育成にもつながります。長期での保存も可能な上、販売のグラム数が多くウェットフードに比べコスパも良好。

ウェットフードと同じく歯磨きは必要ですが、ドライフードの方が歯垢ができにくいので歯の病気の予防にもなります。

缶詰ドッグフードの気になるQ&A

普段ドライフードを使用していると、いざウェットタイプを使うときにあれこれと疑問がわきあがるものです。そんな疑問はこれを読めば解決!特に多い疑問をまとめました。

缶詰の開封後は冷凍や真空で保存するの?

缶は時間が経つと缶自体が酸化し、成分変化が起こる可能性があります。開封後は別の容器に移し、1日~2日で使い切り残ったら捨ててしまうのが好ましいでしょう。残ったドッグフードを冷凍すると、品質が劣化する場合があるので早めに使い切るのがベストです。

缶詰のドッグフードの与え方は?

缶詰を見ると、愛犬の体重に対しての適正量が表記されています。子犬は1日の適正量を3回に分け、成犬や老犬は1日に2回に分けて与えましょう。トッピングなどドライフードと合わせる場合は、それぞれのフードを半分ずつに。与えすぎは過剰な栄養摂取による肥満につながるので注意してください。

高級な缶詰と安い缶詰はどんな違いがあるの?

高級な缶詰に含まれている肉や魚は、人間が食べられるレベルの食材が使われています。安すぎるドッグフードは廃棄する肉や病気肉など、「4D」と呼ばれる粗悪なものが使用されている可能性大!

見た目や味わいを良くするため、大量の添加物や人工保存料が入っている場合もあるので注意が必要です。

しかし、メーカーの努力の結晶とも言えるプレミアムフードは、高品質を保ちながら比較的リーズナブルな価格で売り出しているものもあります。必ず、商品の原材料をチェックすることが大切です。

美味しいフードで愛犬の元気を作っていこう!

人間とは違い、犬のドッグフードは「食品」と扱われていないのが日本の現状。2009年にペットフードの安全法が成立したと言っても、まだまだ「雑貨」としての扱いはぬぐいきれません。
愛犬の頬が落ちてしまうほどの美味しいフードで、いつまでも元気に走り回っていてもらいたい。そのためには、手にしたドッグフードが本当に安全かどうかを見極める、飼い主の意識と目が大切です。
良質なドッグフードを選ぶポイントをしっかりと踏まえ、愛犬のために美味しいフードを選んであげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*