グレインフリードッグフードで健康を!愛犬のために選ぶ4つのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グレインフリーのドッグフード、もう試しましたか?「ドッグフードなんてどれも同じでしょ?」と思う人もいるかもしれませんね。しかし、現在の日本には人間の食用に認められていない危険な原材料を使ったドッグフードがたくさん売られています。こうしたドッグフードは低コストで大量生産が可能ですが、毎日危険なドッグフードを与え続けることで、知らず知らずのうちに愛犬の健康を害している可能性があります。ドッグフードは愛犬の生涯の健康を支える大切な食べ物。だからこそ、本当に安全なドッグフードの選び方を知りましょう!注目のグレインフリードッグフードの魅力も解説しています。

穀物不使用のグレインフリードッグフードの魅力

近年、グレインフリーのドッグフードが注目されています。

穀物を含まないグレインフリーのドッグフードは、アレルギーを起こしにくい、犬にとって消化がしやすいなど、様々なメリットがあります。

グレインフリードッグフードは、動物愛護先進国の多い欧米産のドッグフードで多く取り扱われています。

日本では、肉の副産物などの危険な原材料を使用したドッグフードが多く存在し、動物愛護の面では欧米よりも遅れていると言われています。それでも近年では、国内でもドッグフードについての理解が深まり、より良質な原材料を使用したドッグフードを選ぶ飼い主さんが増えています。

そこで今回は、安心・安全に配慮したグレインフリードッグフードについて特集します。

  • グレインフリーのドッグフードは犬にとって様々なメリットがある
  • 「グレインフリー」と「グルテンフリー」の違いも解説
  • 高級品だけでなくコスパの良いグレインフリードッグフードも紹介
  • グレインフリードッグフードは4つのポイントで選ぼう

それでは早速見ていきましょう!

グレインフリーフードが推奨される4つの理由

まずは、グレインフリードッグフードがなぜ推奨されているのか、その理由から見ていきましょう。

グレインフリーとグルテンフリーの違いとは

近年、「グレインフリー」とは別に「グルテンフリー」という言葉をよく耳にします。

言葉は似ていますが、この2つは異なる意味を持ちます。その違いは次の通りです。
グレインフリー:

米、麦類、あわなどの雑穀類、イネ科の食品を全く使用していないという意味です。

グレインには米や小麦、大麦、ライ麦、あわ、ひえ、トウモロコシ、豆類などが該当します。

ドッグフードメーカーによっては、グレインフリーを謳っていても豆類を使用しているものもあります。

グルテンフリー:

小麦、大麦、ライ麦などの麦全般に含まれるグルテンというタンパク質を使用していないという意味です。

グルテンは犬だけでなく、人間にとっても中毒性やアレルギー性などが指摘されており、グルテンフリーの食生活を実践する人は増えつつあります。最近はグルテンフリーの食材やレストランも増えてきており、目にしたことがある人も多いと思います。

雑食だけど実は肉食のワンちゃん

元々犬は猫と同様に肉食であり、多少の穀物なども食べますが、他の雑食動物に比べると穀物の消化能力が低いといえます。これは、穀物を分解する酵素「アミラーゼ」がないためです。そこで、犬が消化しやすいグレンフリーのドッグフードが注目されているのです。

ただし、メーカーによってはグレインフリーを謳っているドッグフードでも、豆類を使用するなど、多少のグレインが含まれている場合があります。これは、「自然界では肉以外にも多少の植物を食べる事がある」という理由からのようです。

穀物でアレルギーを起こす場合もある

犬は本来肉食であるために、穀物の摂取によってアレルギーを発症する可能性が指摘されています。

皮膚が赤い、フケが多い、よくかゆがるなどの症状がある場合には、アレルギーを疑って病院を受診してみることをおすすめします。そして穀物アレルギーがあれば、グレインフリーの食事に切り替えましょう。

もちろんすべての犬が穀物にアレルギーを起こすわけではないため、愛犬の様子をよく観察してあげることが大切です。
>>アレルギー対応のドッグフードについてもっと見てみる

あまり消化器官に負担をかけない

先ほども紹介したように、犬は本来肉食であるために腸の長さが短く、少量の穀物は大丈夫でも、穀物を多く摂ると消化不良を起こしてしまう可能性があります。
穀物の消化能力が低い犬にとっては、グレインフリーは消化しやすく、栄養をしっかり摂取できるというメリットがあります。もともと胃腸が弱い体質の犬にとっても、体にやさしいドッグフードであるといえます。

おすすめのグレインフリーのドッグフード3選

お待たせしました!ここではおすすめのグレインフリードッグフードを紹介します。

1位「モグワン」

価格 3,960円(1.8kg)
1kgあたりの価格 2,084円
購入方法 公式サイト、Amazonなど
主原料 イギリス産チキン、スコットランド産サーモン、ココナッツオイル、リンゴ、カボチャ、海藻など
添加物等の有無 人口調味料は一切不使用。

保存料には自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)を使用。

サンプル・お試し商品の有無 web限定で100円モニターを実施していることがある。

<おすすめポイント>

  • 原材料は全てヒューマングレードの新鮮なものを使用
  • 動物性たんぱく質50%以上かつグレインフリーで栄養満点
  • イギリスのペットフード専門工場で徹底した品質管理
  • 小型犬やシニア犬の体作りにも最適&食べやすい小粒サイズ

<良い口コミ>

ネットでの評判もですが、自然素材へのこだわり、品質管理に魅力を感じ、食べさせてみたいと思いました。

引用:公式サイト

もともと好き嫌いは無さそうですが、モグワンはどうかな?と思いましたが、最初からとても良く食べてくれました。

引用:Amazon

我が子は今までのドッグフードだと食べむらがあったが、食いつきがよかったです!便の臭いもあまりしなくなりました。
引用:Amazon

「食い付きが良い」という声がたくさんありました。また、原材料へのこだわりや品質管理など安心・安全を評価する声も多く寄せられていました。

<悪い口コミ>

価格ー高すぎる 食いつきー良好 消化ー良好 臭いー少し気になる

引用:Amazon

全く食いつきません。しかも無駄に高い気がします。定期にして、3袋無駄になりました。返品もできずに無駄に買い物してしまい後悔してます。

引用:Amazon

価格が高いとの声が一部にありました。公式サイトの定期コースにすると割安価格で購入できます。また、香料を使用していないためか、「匂いが気になる」との声も少し寄せられていました。

他に、良い口コミとは対照的に「食い付きが良くない」というケースも少数あるようです。ドッグフードは時間をかけて少しずつ切り替えることが大切ですが、それでも食べない場合は愛犬の好みもあるのかもしれませんね。

>>公式サイトはこちら

>>詳細はこちら

2位「ファインペッツ 極(KIWAMI)」

(公式サイトより)

価格 5,701円(1.5kg)
1kgあたりの価格 3,801円
購入方法 公式サイト
主原料 フランス産アヒル肉、オランダ産ニシンなど
添加物等の有無 化学合成添加物は一切不使用。

酸化防止剤としてビタミンE(α-dトコフェロール=大豆油由来)を使用。

中国産原料は一切不使用。

サンプル・お試し商品の有無 初回限定お試しパック1,080円(1.5kg)

<おすすめポイント>

  • 世界最高品質、安心・安全を追求したグレインフリードッグフード
  • 肉類原材料を9割近く配合
  • オランダの工場で衛生管理を徹底し製造

<良い口コミ>

素晴らしいフードです。便の状態もまったく不安なく切替完了しました。

引用:公式サイト

試しに2週間ほどFINEPET’Sと「極」を半分ずつ 与えています。 3匹(15歳、12歳、1.5歳)ともとても調子が良く、食い付き、便、体臭、 涙目も完璧です。

引用:公式サイト

今までのフード以上に食い付きが良く、便の状態も安定しています。

引用:公式サイト

最高品質のドッグフードとしてファンの多い商品です。ファインペッツ極についての悪い口コミは見つかりませんでした。とても信頼性の高いドッグフードであることが伺えます。

>>公式サイトはこちら

>>詳細はこちら

3位「アカナ ランチランドドッグ」

(Amazonより)

 

価格 5,324円(2kg)
1kgあたりの価格 2,662円
購入方法 公式サイト、楽天など
主原料 カナダ産アンガス牛肉、ラム肉、ヨークシャー種豚肉、バイソン肉
添加物等の有無 人口添加物不使用。

ビタミンEで天然保存。

サンプル・お試し商品の有無 初回限定送料無料パック1,101円(340g)

<おすすめポイント>

  • 原材料の70%が動物性たんぱく質
  • グレインフリー低GI食材使用
  • 肥満・血糖値対策にも配慮
  • カナダ産の野菜やフルーツ、ハーブを使用

<良い口コミ>

うちの子はこのフードが大好きです。色々なフードを試してこちらに落ち着きました。

引用:Amazon

鶏肉と大豆にアレルギーがあるので、いわゆる一般的なシニア用のフードは全滅でした。(中略)うちの子にとってランチランドは救世主です。

引用:Amazon

豆柴6歳です。半分残して夜中に食べる癖がついていましたが、これにしてから
一気に食べてしまって夜食が必要なくなりましたw

引用:Amazon

様々な犬齢、犬種の犬のドッグフードとして愛用されている人気商品です。

<悪い口コミ>

高級ですねぇ。余裕があれば継続して食べさせたいが、スポット的に与えます。

引用:楽天

「高いので継続が難しい」という声が少数ですがありました。アカナは高品質のドッグフードであり、安価なフードと比べるとどうしても高めの値段設定になっています。公式サイトでは2,500円以上で送料・手数料が無料になるほか、期間限定のお得なキャンペーンを実施していることもあります。

>>公式サイトはこちら

>>詳細はこちら

コスパが良いグレインフリーのドッグフード3選

「グレインフリーのドッグフードを購入したいけど、価格が高いのがネック……」ここではそんな声にお応えして、高品質でコスパが良いグレインフリーのドッグフードを紹介します。

1位「カナガン」

価格 3,960円(2kg)
1kgあたりの価格 1,980円
購入方法 公式サイト
主原料 チキン、サツマイモ、海藻、マリーゴールドなど
添加物等の有無 人口添加物不使用
サンプル・お試し商品の有無 なし

<おすすめポイント>

  • 全ての原材料はヒューマングレードのものを使用
  • 高たんぱく質・低炭水化物でグレインフリー
  • イギリスの工場で品質管理を徹底&直輸入
  • 小粒で食べやすいサイズ

<良い口コミ>

おじいちゃんですが食欲が落ちることなくたくさん食べ、たくさん遊び、たくさん寝て、毎日とっても元気です♪(イタリアングレーハウンド・11歳)

引用:公式サイト

これまでは気候や体調によって、食事を与えてもまったく食べないこともありました。 カナガンを与えるようにしてからは、毎日食べるようになりました。(ウェルシュコーギー・7歳)

引用:公式サイト

これまで使用していたドッグフードだとウンチの臭いがきつかったのですが、カナガンに切り換えてからは臭いが少なく、散歩中も快適でした。(ラブラドールレトリバー・9歳)

引用:公式サイト

様々な犬齢・犬種で、カナガンに切り替えてからの良い変化を感じられていることが分かりました。

<悪い口コミ>

8ヶ月のマルチーズを飼っています。これまで3種類のドッグフードを与えましたがなかなか食べないため、食い付きが良いと謳うカナガンを購入しましたが、結果は大きく変わらず…。

引用:Amazon

うちの犬には食いが良くない

引用:Amazon

食い付きの良さが評判のドッグフードですが、中には「食い付きが良くなかった」という声もありました。尚、ドッグフードの切り替えは時間をかけて少しずつ行うとスムーズに行きやすいので、ぜひ実践してみましょう。

>>公式サイトはこちら

>>詳細はこちら

2位「オリジン アダルトドッグ」

価格 7,980円(2.27kg)
1kgあたりの価格 3,515円
購入方法 Amazon、楽天など
主原料 鶏肉、七面鳥、サーモン、ニシン、卵など
添加物等の有無 保存料等は一切不使用
サンプル・お試し商品の有無 なし

<おすすめポイント>

  • 栄養豊富な肉、臓器、軟骨を自然な食事と同じ比率で配合
  • 新鮮な原材料を毎日運搬して自社キッチンで製造
  • ジャガイモ不使用で低炭水化物&低GI(※レンズ豆などの豆類は使用)

<良い口コミ>

オリジンフードを開けたら、とんできました!犬にとったら美味しそうな匂いなのでしょうね!(中略)気持ちのいいくらいガリガリ音を立ててモリモリ食べます!

引用:Amazon

おかげ様で骨格、筋肉もガッチリで毛並もツヤツヤで涙やけも止まりました!獣医さんにも、がっしりして良い身体だと褒めて頂きました。

引用:Amazon

いつもこの商品を使わせて頂いています。お腹の調子も良く安心安全のフードです。ドックフードだけで食べるのでうれしいです。

引用:楽天

香り・食いつき・体調などが良いと評判で、リピーターの多い人気商品です。

<悪い口コミ>

粒が大きいのと固いのとで食いつきが悪いです。

引用:Amazon

最近はふやかしてあげるようにしました。半日かかります。

引用:楽天

「粒が多きい・かたい」との声が少数ですがありました。オリジンはパピー・パピーラージ・アダルト・シニア用があるので、愛犬の成長に合わせて選びましょう。また、水でふやかしてあげているという人もいました。

>>Amazonから購入する

3位「ネルソンズ」

価格 3,960円(2kg)
1kgあたりの価格 1,980円
購入方法 公式サイト、Amazonなど
主原料 新鮮なチキンをたっぷり配合
添加物等の有無 人工添加物・着色料・保存料・香料・肉の副産物は不使用
サンプル・お試し商品の有無 なし

<おすすめポイント>

  • イギリスのトップブリーダーが愛犬のために開発
  • グレインフリーで高たんぱく質・低炭水化物
  • オリゴ糖・グルコサミン・コンドロイチンが健康をサポート
  • サーモンオイルが見栄えの美しさをサポート

<良い口コミ>

ネルソンズを食べることによって、キレイな体が維持できています!(キャバリア キングチャールズ スパニエル)

引用:公式サイト

すごくキレイなのが嬉しいし、活動的なうちの子に合っているみたい!(イタリアングレーハウンド)

引用:公式サイト

うんちのくささが気にならなくなりました。今まではロイ〇〇を食べさせていましたが7歳になりできるだけ長生きして欲しくて御飯をさがしていましたらこのフードにたどりつきました。

引用:Amazon

トップブリーダーが開発したというだけあり、見栄えの美しさをサポートできるという声が多くありました。食いつきの良さも高く評価されています。

<悪い口コミ>

犬の状態によって本来ドッグフードとは変えるものである。

引用:Amazon

2㎏未満のポメラニアンですが、もう少し小粒が良いかもです。

引用:Amazon

ネルソンズのドッグフードは1種類のみのため、「成長に合わせたドッグフード選びができない」という声が少数ありました。また、「小型犬にとっては少し粒が大きい」という声もありました。ドッグフードの粒は三角計で、大きさは約1cm前後です。この大きさだと犬種によっては食べにくい場合もあるようです。

>>公式サイトはこちら

>>詳細はこちら

おすすめしたい国産のグレインフリードッグフード2選

最後に紹介するのは、国産にこだわりたい人におすすめの日本製グレインフリードッグフードです。

1位「ナチュロル」

 

価格 らくトク犬康コースの場合、4,980円(1.7kg)
1kgあたりの価格 2,929円
購入方法 公式サイト
主原料 生の牛・鶏・馬・魚肉を55%以上使用
添加物等の有無 100%無添加の安心ドッグフード
サンプル・お試し商品の有無 らくトク犬康コースの場合、初回30gで100円

<おすすめポイント>

  • グレインフリー&グルテンフリーで安心
  • 33の無添加で体に優しい
  • 安定・持続型ビタミンCを配合
  • 新鮮で安心な日本製
  • 生きた乳酸菌がお腹に届く

<良い口コミ>

何事もなく元気でいてくれることで、結局安くつくと思います!

引用:公式サイト

国内産で良いフードがあるよと友達に勧められ、与えたら食いつきもすごくよく、毎日、元気に走り回っています!

引用:公式サイト

これに変えてからツヤッツヤ!触ると気持ちいいのでいつも抱っこしています。

引用:公式サイト

国産でグレインフリー&グルテンフリーという点が非常に高く評価され、愛犬の健康を考える飼い主さん達に支持されています。愛犬の食いつきや体調も良いという声が多くありました。ナチュロルの悪い口コミは見つからず、評判の良さが伺えます。

>>公式サイトはこちら

>>詳細はこちら

2位「ZEN プレミアムドッグ グレインフリー ベニソン (鹿肉)」

(公式サイトより)

価格 5,788円(1.4kg)
1kgあたりの価格 4,134円
購入方法 楽天など
主原料 新鮮な鹿生肉
添加物等の有無 合成保存料・着色料不使用。

天然保存料(クエン酸、ローズマリー抽出物)使用。

中国産原材料不使用。

サンプル・お試し商品の有無 なし

<おすすめポイント>

  • 各臓器の健康をサポートする機能性原料を配合
  • 国内の新鮮な野生の鹿肉を使用
  • 原材料の90%以上に日本産食材を使用
  • 安心のグレインフリー

<良い口コミ>

アレルギー対策のための食事と考えて与えていますが、とても美味しそうな香りがしますし愛犬も喜んで食べてくれているので飼い主としても嬉しいです。

引用:公式サイト

ドックフード特有の臭いが無く人間の食べ物に近い香りです。そして食いつきの良さにびっくりしました。今2袋目が終わりそうなところですが、すっかりアレルギーの症状が治まりました!

引用:UGpet.com

食物アレルギー(牛肉・玄米・卵・とうもろこし・エンドウ豆・ニシン・サケ…等)があり、これらの原材料がひとつも入っていないフ-ドを探し求めていました。やっと見つけることができました。

引用:UGpet.com

アレルギー対策で与えているという飼い主さんが多く、香り・食いつきともに良く、体調も改善したという声がたくさんありました。

<悪い口コミ>

少し価格がお高いと感じる方もいるかもしれませんが、国産で生産であればこのぐらいなのかな。

引用:UGpet.com

価格が高いとの声が少数ありました。しかし、貴重な国産の野生鹿肉を使用し、栄養にも配慮したドッグフードであり、価格に見合うだけの価値はあるといえます。

>>楽天から購入する

グレインフリーのドッグフードを選ぶ4つポイント

グレインフリーのドッグフードを選ぶ時は、次の4つのポイントを意識して選ぶのがおすすめです。

ヒューマングレードのフードであるか

国内ではペットフードは雑貨扱いになり、人間の食用としては使えない添加物や着色料、廃棄肉などが使われることが多いという現状があります。そんなドッグフードを、あなたは味見することができますか?

ドッグフードは食べ物です。愛犬の健康を考えるなら、原材料や成分を確認し、人間が食べられるレベルのフードを選ぶようにしましょう。

バランスよく栄養が含まれるフードか

グレインフリーを謳うドッグフードの中には、動物性タンパク質が豊富な一方で、栄養バランスが偏っているものもあり、肥満やその他の病気など、思わぬ体調不良を招く可能性もあります。

原料と一緒に成分表を確認し、総合栄養食として適しているかどうかや、AAFCOの基準を満たしているかなどを確認するようにしましょう。

AAFCO(アフコ)とは、米国飼料検査官協会の略称です。ドッグフードに「AAFCOの基準を満たしています」と記載があれば、AAFCOが定める基準値を満たしており、栄養面で問題がないことを表しています。

愛犬のライフステージに合わせる

ドッグフードの中には、「全年齢用」と書いてあるものもあります。しかし、仔犬期とシニア期では必要な栄養やカロリーが全く同じというわけではありません。したがって、全年齢用だからと過信するのではなく、愛犬の体調や体質を普段からよく観察し、愛犬の健康状態に合わせてドッグフードを選ぶことが大切です。

また、シニア期は、体調によってはグレインフリーではない療法食の方が適している場合がもあります。体調が気になる愛犬には、お医者さんと相談してフード選びをしましょう。

コスパもしっかりチェック

犬の平均寿命は延び続けています。犬種を問わず、現在の犬の平均寿命は約15年程と言われています。

仔犬の頃から健康に気を遣う事は大切ですが、飼い主の収入に見合わない高価なドッグフードは長く続けられませんし、経済的な負担になってしまいます。コスパを確認し、飼い主のライフスタイルに合った無理のないドッグフードを選ぶようにしましょう。

>>ドッグフードの選び方についてもっと見てみる

食事から愛犬の健康を作ろう!

グレインフリーのドッグフードについて詳しく見てきました。

本記事では良質なドッグフードを紹介してきましたが、忘れてはならないのは、「グレインフリーならすべての犬に安全・安心であるとは限らない」ということです。

一番大切なことは、愛犬の様子を見て、個体差に合わせたドッグフードを選ぶことです。

言葉を話せない犬に代わって、飼い主さんが愛犬のことをよく観察し、一番の理解者になってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*