手作りドッグフードで健康を守る!併用におすすめの高品質フード4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市販のドッグフードを使ってきたけれど、そろそろドッグフードの手作りにチャレンジしてみたい。そんな人が増えています。市販のドッグフードは手軽で便利ですが、添加物や素材を自分でチェックできませんし、手作りならアレルギーに対応でき、体調によってコントロールすることもできます。今回は簡単な手作りレシピやトッピングの情報を含めて、自分で作るフードの基本について取り上げていきます。手作りフードの魅力を理解して、愛するワンちゃんが健康的な生活を送る手助けができるように準備していきましょう!

手作りドッグフードは工夫次第で簡単にできる

市販のドッグフードは原料や添加物が心配……安心して食べさせてあげることを考えると、やっぱり手作りがいいはず……でも手間が……

あなたは今そう考えていませんか?

使う素材を自分で決めて、しかも体調に合わせて調整できる手作りドッグフードに注目が集まっています。その一方で、やはり「手間がかかる」というのも事実です。

この記事では次のような点を見ていきます。

 

  • 手作りドッグフードの基本とは

 

  • 簡単レシピとトッピング術

 

  • トッピングに便利なドッグフード
  • 結局どちらがいいの?

 

 

 

質の良い食事を提供できるようになるために、さっそく見ていきましょう!

これだけ覚えればOK!手作りフードの基本

愛犬のことを考えて手作りしたいけど、本当にできるか不安……そこまでの時間はかけられない……

そんな不安をまず払しょくしましょう。

じつは手作りドッグフードの基本はたった3つだけ。この3つだけ覚えればOKです。

 

  • 栄養バランスの取り方が重要

 

  • 犬にNGな食材は絶対に避ける

 

  • 味付けせず食べやすいカットにする

 

 

 

では順番に見ていきましょう。

栄養バランスの取り方が重要

手作りに意味があるのではなく、栄養バランスが取れていて安全なことに意味があります。

人間と同じで、犬にも5大栄養素が必要です。

 

  • たんぱく質

 

  • 脂質

 

  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル

 

 

 

それぞれの栄養素を摂取するために、どんな食材を使うことができるのでしょうか。

たんぱく質を多く含む食材

 

  • 鶏肉

 

  • 牛肉

 

  • マグロ

 

 

 

消化に良いものや、生のままで酵素が取れるようなものがおすすめです。

脂質を多く含む食材

 

  • 鳥の皮

 

  • ごま油

 

  • オリーブオイル

 

 

 

これらの食材は、体内では生成できない必須脂肪酸を取ることができておすすめです。

炭水化物を多く含む食材

 

  • 玄米

 

  • 大麦

 

  • うどん
  • じゃがいも

 

 

 

穀物中心になります。消化不良にならないように煮込んであげる必要があります。

ビタミンを多く含む食材

 

  • にんじん

 

  • かぼちゃ

 

  • ほうれん草

 

 

 

穀物同様、消化できるよう細かく刻んであげましょう。

ミネラルを多く含む食材

 

  • 昆布

 

  • ひじき

 

  • パセリ

 

 

 

基本的に、乾燥した海産物には豊富なミネラルが含まれています。

人間と同じほど野菜を意識して摂取する必要はありませんが、たんぱく質中心の食事に野菜を加えることで、ビタミンはもちろんのこと、酵素や水分を上手に摂取することができます。

理想的なバランスは専門家によって意見が分かれるところですが、手作りフードの場合は次のどちらかで始めてみるとよいです。

 

  • たんぱく質6:炭水化物2:野菜類2

 

  • たんぱく質1:炭水化物1:野菜類1

 

 

そこまで厳密に割合を測る必要はありませんが、まず意識してみるだけでも違ってきます。

犬にNGな食材は絶対に避ける

人間にとっては安全でも、犬には毒性があったり、過剰摂取で中毒症状が出てしまったりする食材があります。

絶対に与えてはいけない食材

 

  • チョコレート

 

  • 玉ねぎ

 

  • アボカド
  • ぶどう
  • ナッツ

 

 

 

NGな食材を避けることも、手作りドッグフードにチャレンジするための基本です。

味付けせず食べやすいカットにしよう

栄養のバランスを考えて、いろいろな食材を使うことになります。基本的に、味付けは一切しません。

味付けはしないものの、それぞれの食材を食べやすい大きさにカットします。消化しにくいものについては、火を十分に通して柔らかく煮込んでおきます。

100%手作りのドッグフードレシピ

手作りドッグフードの基本をおさえたら、いよいよチャレンジです。

ここで、初めてでも簡単に作れるレシピを2つ紹介します。さっそくどちらか気に入った方でチャレンジしてみましょう。

アレンジ可!チキンと定番野菜のごはん

まずは、チキンと定番野菜のごはんです。作り方は簡単です。

 

  • 鶏ムネ肉とキャベツ、ニンジン、じゃがいもなど定番野菜を1センチ角程度に切る

 

  • 切った食材を、水の状態からから茹でる

 

  • 食べやすい柔らかさまで煮たら、ごはんを加えて、よく冷ます

 

 

 

味付けは必要なく、素材のうまみだけでOKです。

自分の好みや愛犬の飽き具合に応じて、いろいろアレンジすることもできます。

たとえば、鶏ムネ肉を手羽先にしたり、ひき肉にしたりできます。魚にしてもOKです。注意点として、肉はかならず骨を取り除くこと、魚の場合は小骨に注意して取っておきましょう。

野菜は、その時の旬のもの、冷蔵庫にあるものを組み合わせればよいだけです。

特別な日に!ケーキ風ごはん

ワンちゃんにとって特別な日には、ご馳走を用意してあげましょう。

ケーキ風ごはんなら、特別感+栄養もたっぷりです。

作り方

 

  • さつまいものマッシュを丸く型取る

 

  • その上に鶏ひき肉を茹でてポロポロにしたものをたっぷり乗せる

 

  • さらに上へさつまいもを乗せる
  • 1センチ角に切って茹でたニンジンや好みの野菜でデコレーションする

 

 

 

ベースをさつまいもにしていますが、じゃがいもやかぼちゃに変更しても美味しく出来上がります。

簡単!ドッグフードのトッピングレシピ

100%手作りとまではいかなくても、市販のドッグフードに“ちょっと”工夫するだけでもかなり違ってきます。

ドッグフードにトッピングすることで栄養アップでき、全部調理するよりも手軽になります。

食材によっては火も使わないで調理できて簡単です。

手作り初心者なら、まずトッピングレシピからトライしてみるといいかもしれません!

①夏にぴったり・トマトときゅうりトッピング

夏には、旬の夏野菜をトッピングしてあげましょう。

トマトときゅうりは、食べやすく切るだけです。

ドッグフードはお湯をかけて軽くふやかします。

②取り分けできる・豚汁かけごはん

自分たちの食卓に「豚汁」を作る予定なら、せっかくの機会を活用してドッグフードのトッピングにしてみませんか?

 

  • 自分たち用に豚汁を作り、味付けをする前まで調理する

 

  • ドッグフードにかける

 

 

とても簡単で、ついでにできるので便利です。

注意点として、犬にNGな食材が入っていないか念のため確認してください。

③ひき肉と大根おろしのとろとろ

少しこだわって、「ひき肉と大根おろしのとろとろ」などいかがでしょうか。

 

  • 鶏ひき肉を適量のお湯で茹でる

 

  • 茹でたら、大根おろしを加える

 

  • 水溶き片栗粉でとろみをつける
  • 完成

 

 

 

もはやトッピングの域を超えて、豪華アレンジになっています。

トッピングにおすすめ!高品質なドッグフード4選

少しの工夫でできるトッピングを取り上げてきましたが、犬の健康のためにはベースとなるドッグフード選びが重要です。

ここで、トッピングがしやすくて高品質なドッグフードを4つ取り上げます。

  • モグワン
  • ファインペッツ
  • アカナ
  • ネルソンズ

モグワン

(公式サイトより)

価格 3,960円(税込)
内容量 1袋1.8kg
会社 株式会社レティシアン

理想の食いつきと安全性を重視して作られたドッグフードです。すべての犬種、すべてのライフステージに使えます。

原材料と粒の硬さが十分に吟味されていて、消化しにくい穀物は一切使用していないので安心です。

シンプルな作りなのでトッピングに向いています。冷蔵庫にある野菜を細かく刻んで茹でたものをトッピングすると栄養満点です。

>>公式サイトを見てみる

ファインペッツ

価格 3,394円(税抜)
内容量 1袋1.5kg
会社 株式会社エヴリワンズ

たった1種類のドッグフードを開発し、すべての犬種・ライフステージに使えるようになっているファインペッツ。品質へのこだわりと健康への取り組みが特徴です。

危険な添加物を使っていないドッグフードをベースに、いろいろトッピングを加えながら楽しめます。

季節に合わせて旬の野菜やキノコを加えても良いですし、食欲がないように感じられるときには、犬用ミルクの粉末を振りかけて様子を見ることもできます。

>>公式サイトを見てみる

アカナ

(Amazonより)

価格 5,724円(税込)など各種
内容量 1袋2kg
会社 有限会社アカナファミリージャパン

人間でも食べられる安全性の高い肉をベースに、副産物を使用せずに仕上げたドッグフードです。

消化吸収率が高く、食いつきがいいと評判です。トッピングとの相性も◎です。鶏肉や豚肉、レバーを細かく切って、柔らかく炊いたものを加えてみるのもよさそうです。

>>公式サイトを見てみる

ネルソンズ

(公式サイトより)

価格 3,960円(税込)など各種
内容量 1袋2kg
会社 株式会社レティシアン

人工添加物や着色料を排除し、安全性を確保しているドッグフードです。

小麦やトウモロコシを使用せず、オリゴ糖やコンドロイチン、グルコサミンで元気をサポートします。

これだけで栄養バランスが取れていますが、トッピング用としても使えます。野菜不足を補うために、消化に良いもやしを茹でて加えたり、すりおろした野菜を加えたりすると安心です。

>>公式サイトを見てみる

手作りはしたいけれど、こんな時どうする?

手作りはしたいけど……さまざまな理由で難しいときがあるものです。

急用でご飯を作る時間がない!

手作りにこだわりすぎるとストレスになってしまいます。

自分たちの食事でも、上手に冷凍したり出来合いのものを買ってきたりするわけですから、ドッグフードも同じようにするとよいでしょう。

たくさん作っておいて、冷凍・冷蔵保存することができます。

手作りできない日が続いても、安心して食べさせられるドッグフードがあれば重宝します。自宅にストックしておくと便利です。

無理して作ろうとしてストレスを抱えることがないようにしてください。

メニューや栄養バランスを考えるのが苦手

いざ手作りに取り組んでみると、「メニューや栄養バランスを考えるのが大変」となってしまうことがあります。

そんなときは、あまり難しく考えないでください。

たとえば、自分たちの食べるものから少し取り分けたり、あるもので作ったりすれば十分です。

それでも栄養面で不安があるなら、品質のいいドッグフードを併用することで不安を解消できます。

手作りフードと既製品、結局どっちがいいの?

結局のところ、ドッグフードは手作りと既製品のどちらがいいのでしょうか?

手作りドッグフードのメリット

 

  • 自分で原材料を確認できる

 

  • 添加物を入れなくて済む

 

  • 必要な水分を食材によって摂取できる
  • 体調の変化を見ながら自分で調整できる
  • 慣れてくると、家庭の食卓と同じ食材を利用できる

 

 

 

手作りドッグフードのデメリット

 

  • 手間がかかる

 

  • 冷凍庫にスペースがないと保存に困る

 

  • 栄養バランスが取れているか心配になる

 

 

 

同じように、既製品にもメリットとデメリットがあります。

既製品のメリット

 

  • 栄養とカロリーが計算されている

 

  • 準備に手間がかからない

 

  • 腐りにくい

 

 

 

既製品のデメリット

 

  • 原材料や添加物に不安を感じることがある

 

  • 保存状態によっては酸化して健康に悪影響

 

  • 水分が不足しがち
  • 新鮮な食材が使用されていない
  • 食べてくれないときがある

 

 

 

手軽に準備できますし、「売れている商品だから安心」という理由で既製品のドッグフードが人気になっています。

その一方で、きっちりと原材料を確認し、体調を見ながら準備したい人にとって、既製品のデメリットは見過ごせません

手作りドッグフードについての理解が深まると、「思っていたより難しくない!簡単!」と感じられるはずです。

そうであれば、この機会に愛犬のことを考えて手作りを始めてみませんか?

手作りフードを実践している人の声

手作りドッグフードを作ることには、それだけのメリットがあるのでしょうか?

実践している人のコメントを参考にしてみましょう。

毛並みが良くなった

良質なたんぱく質と油にこだわっているせいか、毛並みが綺麗になってきました!(編集部調べ)

野菜を加えて水分を上手に摂取しているので、乾燥が少なくなりました。(編集部調べ)

どんなものを食べるかによって、毛のツヤや毛並みが変わってきます。皮膚や毛は健康のバロメーターですから、本当に体に良いものを与えてあげているという満足感がありますね。

体調に合わせてメニューを考えられる

運動をしないときや冬には水分を補給しなくなるので、上手に補えるメニューを考えてあげています。(編集部調べ)

ウンチの状態を見ながら食事を調整してあげられるのが、手作りの醍醐味ですね。(編集部調べ)

既製品では体調の変化に気づいても同じものしかあげられませんし、食べなくなってしまうとお手上げです。その点、手作りなら調整が自由自在で安心です。

手作りだから安心安全

なんと言っても安心・安全が一番!疑うのは良くないですが、買ってくるものの原料はパッケージでしか確認できませんからね!(編集部調べ)

手間がかかって大変に思うこともありますが、安全面を考えると努力する甲斐があると思っています。(編集部調べ)

手間をかけて安心を買うことができる。そこに価値を見いだせるなら、手作りもおすすめです。

無理のない範囲でできる手作りを

手作りごはんにチャレンジしたい!

そんな飼い主さんが増えています。確かに愛犬の健康のことを考えるときに、自分でコントロールできる手作りには大きな価値があります。

とは言っても、実際に始めてみると毎日手作りは大変です。

まずは肩の力を抜いて、無理にない範囲でチャレンジしてみませんか?

ちょっと疲れてきたら既製品を使って、また手作りを頑張って。そんな感じで続けていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*