安全な国産ドックフードを知りたい!おすすめ国産ドックフード3選を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国産という言葉に安心してドッグフードを選んでいるあなた。もちろん国内で作られているのは安心できる点ですが、それだけで決めてはいけません。国産のものは穀類が多く使われいたり、添加物の基準が緩いなどの弱点もあります。しかしその一方で、国内でも近年は無添加・グレインフリーなど高品質なものが作られ始めているため、玉石混交です。逆に海外ではドッグフードに対する規制が厳しく、安全性の高いものが多いですが、国内で作られているという安心感はありません。国産にせよ海外産にせよ、それだけで判断せずに品質を見極めることが大切です。それぞれの特徴とおすすめ国産ドッグフードを見ていきましょう。

愛犬のために安心できるフードが欲しい

ドッグフードを選ぶ際には、安心できるものが欲しいですよね。愛犬がずっと食べていくものですから、できる限り安全なものを食べさせてあげたいものです。

ただ、安全性を判断するうえで「国産」ということだけを見て購入するドッグフードを決めてしまっていませんか?

実は国産だからといって安心できるというわけではありません。むしろ国産だからこその不安もあるのです。

この記事では、国産と外国産のドッグフードの特徴を比較しながら、ほんとうに安全なドッグフードについて見ていきましょう。

国産と外国産の違い

まずは、国産と外国産のドッグフードの違いを見ていきましょう。

近年見直されてきた国産ドッグフード

日本ではドッグフードは雑貨という扱いになります。そのため、人が口にすることのできない品質の食材も使われてきました。

それは保存料や着色料といった添加物も同じ。人間に使うことが認可されいない成分も配合することができるのです。

また、人が口にする食品ほど詳細な原材料表示の義務もありません。そのため、表記が必要ない添加物を使っておきながら、無添加と謳う商品もあるのです。

もちろん、国産のドッグフードすべてがそのような品質のものだというわけではありません。なかにはほんとうに無添加で、ワンちゃんの健康のことを第一に考えたドッグフードあるのです。

しかしその両者を見極めることは難しく、知らず知らずのうちに粗悪なドッグフードを愛犬に与えてしまっている可能性もあります。

また、そのほかの国産ドッグフードの弱点として、選択肢が少ないということが挙げられます。

たとえばライフステージや犬種ごとにドッグフードを販売しているメーカーがある一方で、療法食に関しては数が多くありません。ワンちゃんが体調を崩した時に、適したドッグフードがあまりないのです。

このように、国産ドッグフードには弱点があります。近年見直されてきたものの、2009年にようやくペットフードを取り締まる法律ができたばかりです。まだ海外産のドッグフードに比べると劣る部分が多いのが現状です。

ペット先進国が開発した外国産ドッグフード

海外、とくにヨーロッパでは、犬は家族の一員であるという考え方が古くからあります。そのため、ドッグフードに関する規制も日本より厳しいのです。法整備も日本より整っていて、ペットフードの品質をめぐっての訴訟事件も多く例があります。

結果として、ドッグフードメーカーは品質に力を入れるようになります。無添加にこだわり、ほんとうに品質の高いものにこだわるのです。

海外産というとそれだけで抵抗を感じる人も多いと思いますが、そうとも限らないのです。

もちろん外国産だからといって無条件に信頼してよいというわけではありません。原産国と生産工場の国が異なるという、得体のしれない原料が使われている可能性があるドッグフードもありますし、一口に海外といっても国によって添加物の規制は異なるでしょう。

とくに中国産のものはあまり推奨できません。まだ国産のドッグフードのほうが良いでしょう。

国産のドッグフードのメリット

国産の不安な点について紹介しましたが、もちろん長所もあります。

国内生産の安心感

ドッグフード自体が国内で生産されているという安心感があります。日本の工場での品質管理の良さはドッグフードに限らず世界に知られています。

また、原料が国産というのも安心できるポイントです。具体的にどこで作られたかがわかり、親近感を感じることができるでしょう。

さらに、海外産のドッグフードは輸入の過程で暑い地域を通過することがあります。するとその温度によって、ドッグフードの品質が劣化してしまうことも。国産であればそのような心配がないのも特徴です。

そしてもちろん、日本のドッグフードメーカーにもほんとうに品質にこだわってよいものを作っているところはあります。そういった商品を見極めてワンちゃんに与えてあげたいものですね。

大手食品メーカーやペット関連メーカーが生産

国産のドッグフードのなかには、食品メーカーが携わっているものもあります。人間が口にする食品を扱うメーカーが関わっているので、高い品質のドッグフードであることが期待できます。

また、日本らしくサポートが充実しています。困ったときは問い合わせれば、解決する可能性が高いです。

海外産のものであればそもそも問い合わせること自体が難しいので、その点に関しても日本に軍配が上がるでしょう。

品質にこだわっているメーカーが多い

粗悪なドッグフードも多く出回っている一方で、近年は品質にこだわったドッグフードを作っているメーカーも増えてきました。

そのようなドッグフードはとことん品質にこだわっていて、完全無添加でワンちゃんに良い材料だけを使用しています。

素材はどれも人が口にできるヒューマングレードのものだけ、といった商品も増えてきました。

国産のドッグフードを購入する場合は、そういった高品質のものと従来の粗悪なドッグフードを見極めることが必要になってくるのです。

国産ドッグフードのデメリット

デメリットについても詳しく見ていきましょう。

国内では雑貨扱いになるドッグフード

先ほど少し触れましたが、日本ではドッグフードは雑貨扱いです。食品には使えないような物質も、雑貨なので使えるのです。

人間は口にできないような添加物、また海外では危険視され使用が認められていない物質を使いながら、国産であるということを強調しているドッグフードが多いのも事実です。

国産のドッグフードを選ぶ際は、原料をよく見てほんとうに安心できるものかどうかを確かめてから購入しましょう。

グレインフリーのものは少なく穀類が多い

国産のドッグフードは穀物が配合されたものが多いです。しかし穀物は本来犬の食べものではなく、消化によくありません。

また糖質を多く摂取することになるので、肥満の原因にもなります。アレルギーを引き起こす可能性も高いです。

日本でグレインフリーのドッグフードを選ぼうと思ったら、個別に獣医師に判断してもらうことが必要な療法食になることが多く、一般的にはあまり出回っていないのが現状です。

一方で海外産のドッグフードは穀類が含まれていないグレインフリーであるものが多いです。ワンちゃんにとってほんとうに必要な食材である肉を中心に配合していて安心できます。

メーカーによっては品質と価格に差が出やすい

日本のドッグフードは価格の差が激しいのも特徴です。粗悪なものは非常に安く購入できる反面、品質にこだわった良質なドッグフードはかなり高額になります。

そのため継続的にワンちゃんに与えることが難しいというケースも多いのです。

アレルギー対策にもおすすめイチ押し国産フード

ワンちゃんのアレルギー対策にピッタリの国産ドッグフードがあります。

『ナチュロル』

(公式サイトより)

獣医師や管理栄養士の監修のもとに作られた、国産ドッグフードです。国産ドッグフードにしては珍しくグレインフリーで、アレルギーを起こしにくいのが特徴です。

良い口コミ

食べ始めて1週間を過ぎた頃から見た目が綺麗になってきた気がします。

獣医にも犬にはビタミンCが良いと言われナチュロルを食べさせて大正解です。

これに変えてから、ツッヤツヤ!触ると気持ちがよいのでいつも抱っこしています

獣医も推奨するドッグフードのようですね。毛並みがきれいになったという声も見られました。

悪い口コミ

ガツガツ食べるには食べるんですが、魚の生臭い?匂いが気になって電話しました。

1歳のパグを飼っているのですが、このフードに変えてから様子が変で1日に10回以上嘔吐

少し匂いが気になるという声がありました。また、合わないワンちゃんもいるようですね。

主原料 牛肉、鶏肉など
着色料 不使用
保存料 不使用
内容量 850g×2袋(1,700g)
価格 6,000円(税抜)
1kg当たりの価格 3,529円
カロリー 400kcal/100g

アレルギー対策におすすめのドッグフードですが、症状次第では自力で対処しようとせずに、獣医師の判断を仰ぎましょう。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

ペット先進国と日本チームが開発したドッグフード

続いて、ペット先進国と日本が共同で開発したドッグフードを紹介します。

『モグワン』

(Amazonより)

カナガンという、海外の有名なドッグフードがあります。そのカナガンを開発している会社と、日本の株式会社レティシアンのスタッフが開発したのが、モグワンです。

カナガンに劣らぬ品質を誇る一方で、日本のメーカーが携わっているという安心感もあります。

獣医師も推奨するドッグフードとして、今日本に存在するドッグフードの中では最高峰の品質といえるでしょう。

良い口コミ

便の臭いもあまりしなくなりました。

ガツガツ喜んで食べています。

色々な種類の食材が豊富で、とても栄養価が高そうで、愛犬の体にとても良さそうだなという印象でした。

便の臭いが改善したという声がありました。また、喜んで食べてくれたという声も目立ちました。栄養価の高い素材がたくさん使われているので、ワンちゃんにはしっかり食べてほしいですよね。

悪い口コミ

これだけだと食べてくれません。いつも食べているフードに少しずつ加えていったのですが、半々くらいになると全く食べない。

このドッグフードに変えてからうんちも臭すぎるし、もう買わない。

喜んで食べてくれるという声があった一方で、あまり食べてくれないという声も。便の臭いも悪化したという声がありました。やはりワンちゃんの体質によって合う合わないはあるようですね。

主原料 チキン、サーモンなど
着色料 不使用
保存料 不使用
内容量 1.8kg
価格 3,960円
1kg当たりの価格 2,200円
カロリー 344kcal/100g

ワンちゃんに必要な肉をしっかりと使っていながら、低カロリーなので安心して与えることができます。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

『ファインペッツ』

(Amazonより)

ファインペッツは、使われている原材料がいずれも人間が食べても大丈夫な品質のものを使っているのが特徴。

このドッグフードはカナダのプレミアムドッグフードメーカーであるカナダTLCペットフード社と、その会社の商品の販売代理店である日本の株式会社エヴリワンズが開発したものです。

食品衛生管理システムであるHACCPに準拠した設備で製造しています。どんなライフステージのワンちゃんでも食べられる良質なドッグフードとして、世界中から注目を集めているのです。日本のメーカーが開発した国産のドッグフードということもあり、愛犬家からの支持も熱い商品です。

良い口コミ

目をキラキラさせて早くちょうだいと催促します。

愛犬の下痢が日に日によくなり、今現在は正常なウンチに戻りました。

会う人会う人に「綺麗なワンコですね」といろんな所で褒められます。

食いつきが良いと評判ですね。また便の調子や毛並みが良くなったという声も。

悪い口コミ

会社の対応も、言動もイマイチ…

従前のフード比4倍のコストです

問い合わせへの対応が良くないという声が見られました。また価格が高いのが気になるという意見も。

主原料 鹿肉、鶏肉など
着色料 不使用
保存料 不使用
内容量 1.5kg
価格 3,142円
1kg当たりの価格 2,095円
カロリー 440kcal/100g

少しカロリーが高めですが、逆に言えば少量与えただけでしっかり栄養が摂れるということです。与える量を調節すれば、コスパにも優れたドッグフードといえるでしょう。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

愛犬にピッタリのフードを探そう!

国産と海外産のドッグフードにはそれぞれ異なる特徴があります。国産のものはまだまだ海外に劣る部分はあるものの、近年は海外メーカーと協力して高品質なドッグフードも誕生しつつあるのです。

国産・海外産問わず大切なのは、ほんとうに良いドッグフードを原料から見極めることです。

国産だから安心、海外産だから高品質だと思い込まずに、よく調べてからドッグフードを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*