ピッコロは先進国イギリス推奨のドッグフード!注目すべき5つの特徴について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピッコロドッグフードはシニアのワンちゃんに良いって本当?ピッコロドッグフードはシニアのワンちゃん向けのドッグフードです。シニアにとって消化の悪い穀類が使われいない一方、肉を中心とした健康を支える高品質な食材をたっぷり使っています。さらに低カロリーなのも嬉しいところ。シニア犬は運動量が減るので、カロリーの高いものを食べると肥満の原因になります。そのほか弱った関節を支える成分や体に負担の少ない糖質であるサツマイモを含むなど、シニアに特化した素材を使用。ぜひシニア犬にピッタリのピッコロを、愛犬のために選んであげてくださいね。

ピッコロドッグフードとは?

シニア犬に嬉しい栄養がたっぷり詰まったピッコロドッグフード。そろそろうちの子もシニア犬、という人にはぜひおすすめの商品です。

この記事ではそんなピッコロドッグフードの魅力に迫ります。どんな栄養が入っていて、どうしてシニア犬に良いのか。さらには安心できる品質なのか。徹底的に掘り下げていくので、ぜひドッグフード選びの参考にしてみてくださいね。

ピッコロドッグフードの商品内容

まずはピッコロドッグフードの基本的な特徴から見ていきましょう。

ピッコロドッグフードの基本情報

内容量 1.5kg
価格 3,960円
1kg当たりの価格 2,640円
カロリー 355kcal/100g
主食材 チキン、サーモン
酸化防止剤 天然由来
着色料 不使用
保存料 天然由来
穀物 不使用
対象年齢 7歳以降
賞味期限 パッケージに記載
原産国 イギリス
販売会社 株式会社レティシアン

原材料一覧

骨抜きチキン生肉(31%)、骨抜き生サーモン(20%)乾燥チキン(13%)、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、乾燥サーモン(6%)乾燥全卵(2.5%)チキングレイビー(2%)、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD)、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン硫酸、リンゴ、ニンジン、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、ホウレンソウ、クランベリー、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

成分表

粗タンパク質 34.00%
脂質 15.00%
粗繊維 3.00%
粗灰分 9.00%
水分 8.00%
オメガ6 2.38%
オメガ3 0.86%
カルシウム 1.50%
リン 1.41%

ピッコロドッグフードの総合評価

では上記の情報をもとに、ピッコロドッグフードを評価していきます。

<ピッコロドッグフードの良いところ>

 

  • チキンとサーモンを70%配合
  • 添加物は天然由来のみ使用
  • 穀物不使用
  • 低カロリー
  • 適度な野菜と果物を使用

 

まず、主成分がチキンとサーモンであることがポイント。チキンとサーモンは肉類の中でもアレルギーの原因になりにくく、安心して与えることができる食材です。

それが70%も配合され、しっかりタンパク質を摂取できるのが魅力です。

また、人工の添加物や穀物を使っていないのも安心できます。シニアに限らず、ワンちゃんに優しいドッグフードにしようという姿勢が伝わってきますね。

さらに低カロリーなのも、シニア犬には嬉しいところ。シニア犬は運動量が減少し、基礎代謝が下がるので、余分なカロリーを摂取しないように気を付けなくてはならないのです。

タンパク源として肉が豊富に使われている一方で、ビタミンや食物繊維の豊富な野菜や果物が入っているので、毎日の健康を支えてくれます。

<ピッコロドッグフードの悪いところ>

 

  • 賞味期限が短い
  • 少し硬め
  • 価格が高い

 

まず、賞味期限が短いことが弱点として挙げられます。多くのドッグフードは未開封なら1年くらい持ちますが、ピッコロは未開封でも5か月程度です。

しかしこれは、人工添加物を使っていないことの裏返し。期限を守れば、安心して与えることができます。

ちなみに開封後は3ヶ月が目安。ほとんどのドッグフードは開封後は1~3ヶ月が目安といわれているので、一度開封してしまえばあまり変わりません。

また、少し硬いという特徴があります。通常のドッグフードに比べて特別硬いというわけではありませんが、シニア犬にとっては少し食べづらいことがあるようです。顎の力が弱ってきたワンちゃんであれば、少しお湯でふやかして与えたほうが良いかもしれません。

しかし逆に硬いドッグフードは歯垢除去の効果が期待できます。歯周病の予防になるでしょう。さらに老犬にとってはあごの力のトレーニングにもなるので、一概に欠点とは言えません。

そしてこれはワンちゃんにとってではなく、飼い主さんにとっての欠点ですが、やや高額です。継続して与えられるかどうか、予算を見ながら考えましょう。

>>公式サイトを見てみる

ピッコロドッグフード5つの特徴

ピッコロドッグフードには、次の5つの特筆すべき特徴があります。

 

  • シニア犬用
  • 全犬種対応
  • 高タンパク質
  • 糖質・カロリー控えめ
  • ナチュラル素材100%

 

では順番に見ていきましょう。

1.シニア犬専用

ピッコロドッグフードはシニア犬専用です。シニア犬の体に合わせて素材を厳選し、配合しています。

そろそろうちの子もシニアの年齢だなと思ったら、まず視野に入れたいドッグフードといえるでしょう。

2.全犬種対応

シニアであれば、どの犬種のワンちゃんにも対応しています。体重に合わせて給餌量を調節することができるので、体の大きさに関係なく与えることができます。

3.高タンパク質

ワンちゃんにとってタンパク質は重要な栄養です。もともと肉食の動物ですから、シニア犬であっても良質なお肉を摂取することが必要なのです。

ピッコロドッグフードは、チキンとサーモンといったタンパク質が全体の70%。シニア犬は食事量自体が減少するので、少量で十分なタンパク質を摂ることが大切なのです。

4.糖質・カロリー控えめ

タンパク質がたっぷりと含まれている一方で、糖質やカロリーは控えめ。炭水化物は穀類ではなく、栄養バランスの取れたサツマイモが使われているなど、ワンちゃんへの優しさが感じられる配合となっています。

カロリーは355kcal/100g。さらに太り気味のワンちゃんであれば給餌量を調節することができるので、愛犬に適したカロリーの分だけ与えることができます。

5.ナチュラル素材100%

肉や野菜は、すべてナチュラル素材。品質の高いものだけを厳選して使用しています。

さらに、添加物も天然由来のものだけを使用。ミックストコフェロールと呼ばれる天然の酸化防止剤だけを使っているのであまり長持ちはしませんが、その分安心してワンちゃんに与えることができるのです。

>>公式サイトを見てみる

ピッコロドッグフード購入者の口コミ

では、実際にピッコロドッグフードを購入した人の口コミをチェックしてみましょう。

ピッコロの良い口コミ

シニア犬用のドッグフードを市販で見てみるとなかなか高カロリーで心配していたのですが……ピッコロは特に太ることはなく、むしろスリムになった気がします。

独自調べ

 

とても食いつきが良いですね。しかもたくさん食べる割に太らない。元気もいいので満足しています。

独自調べ

 

少量でもしっかり栄養摂取できること、そして関節に良いコンドロイチンなどが入っているのが魅力ですね。食いつきも良いので、この調子で食べさせていきたいです。

独自調べ

食いつきが良いと評判です。またシニア向けで少量でしっかり栄養が摂れること、そして体重も増えないことが人気の理由のようです。

ピッコロの悪い口コミ

開封して3ヶ月しか保存できないというのは、ちょっと残念ですね。まあ余計なものが入っていない証拠かもしれませんが。

独自調べ

 

品質には不満なし。ただし価格が高いのだけが気になりますね。

独自調べ

 

市販でも取り扱ってほしい。通販しかないというのはちょっと不便。

独自調べ

価格が高い点や、期限が短い点が弱点のようですね。また通販でしか買えないのも不便です。

ただ通販の注文忘れは定期購入によって防ぐことができます。価格もかなり安くつくのでおすすめです。

ピッコロドッグフードに関するQ&A

続いて、ピッコロドッグフードに関するよくある疑問とその答えを見ていきましょう。

1回に与えるピッコロドッグフードの量はどれくらい?

1日の給餌量は次のように設定されています。

体重 1日の給与量
1kg 30~40g
3kg 35~60g
5kg 50~85g
7kg 75~120g
10kg 90~150g

さらに、体重が気になる場合は次のように変更することができます。

 

  • やせ気味の場合→ 下記より5%増やす
  • 太り気味の場合→ 下記より5%減らす
  • 体重を減らしたい場合→ 下記より10%減らす

 

ワンちゃんの体重と体型を見ながら給餌量を決めましょう。

ピッコロドッグフードの販売店はどこ?

ピッコロドッグフードは公式サイトの通販でのみ取り扱われています。

>>公式サイトを見てみる

ピッコロドッグフードは楽天やアマゾンでも購入できる?

できません。公式サイトでのみ可能です。

愛犬がピッコロをなかなか食べない。どうすればいいの?

最初はフードが変わったことに戸惑って、なかなか食べてくれない可能性があります。

食べてくれないときはいったんドッグフードを片づけましょう。早く食べないと餌を取り上げられるということが分かれば、自然に食べるようになります。

少しかわいそうですが、良質なドッグフードを食べてもらうためです。1食抜くくらいは大丈夫なので、このように工夫して食べさせましょう。

ピッコロ以外のおすすめドッグフードも知りたい!

おすすめできるドッグフードはピッコロだけではありません。ここでは、次の3つを紹介します。

 

  • カナガン
  • モグワン
  • ファインペッツ

 

では順番に見ていきましょう。

カナガン

 

  • チキンを50%使用
  • グレインフリー
  • 人工添加物不使用
  • ヒューマングレード素材のみ使用

 

カナガンはその品質の高さで人気です。タンパク質であるチキンを50%使っている一方で、穀類や人工添加物など望ましくないものは入っていません。

使っている食材は、すべてヒューマングレード。人間が食べるものと同じ品質のものを使っているのでとても安心できます。

>>公式サイトを見てみる

モグワン

(公式サイトより)

 

  • チキン・サーモン50%
  • グレインフリー
  • ヒューマングレード素材のみ使用
  • 低カロリー

 

こちらもカナガンと同じでタンパク質を50%使用。グレインフリーでヒューマングレード素材のみを使っているなど、安心感があります。

またカロリーが低いのも特徴。体重が気になるワンちゃんのの健康も支えてくれます。

>>公式サイトを見てみる

ファインペッツ

 

  • チキン、サーモン、鹿肉を70%配合
  • ヒューマングレード素材のみ使用
  • プロバイオティクス配合

 

アレルギー性の低い肉類を中心に70%ものタンパク源を配合。いずれもヒューマングレード素材で安心できます。

さらに特徴的なのは、プロバイオティクスを配合していること。お腹の調子を整え、ワンちゃんの健康を支えてくれます。

>>公式サイトを見てみる

愛犬には安全性◎のドッグフードを!

ドッグフードを選ぶときには、いろんなことが気になりますよね。どの犬種向きか、市販で購入できるのか、価格はどうかなど。

しかし一番に気を付けたいのは、安全性です。なんといっても体に入れるものですから、安全であることが最も重要です。

添加物や素材の品質などをよくチェックし、ワンちゃんに安心できる食事を提供してあげましょう。

ここで紹介したピッコロは、シニアのワンちゃんにとって、とても安心できるドッグフードです。高品質な素材だけを使用し、体への影響が心配される人工添加物は不使用。

ぜひ愛犬に与えてみてくださいね。

高品質のドッグフードで愛犬も元気♪

以上、ピッコロドッグフードについて紹介しました。

シニアのワンちゃんに欠かせない栄養をしっかり含み、さらにワンちゃんの体重や体格に合わせて量も調節できる優れたドッグフードです。

シニアのワンちゃんにとって負担となる穀類が使われていないのもポイントですね。

早速ピッコロドッグフードで、愛犬の元気なシニア生活を支えてあげましょう!

>>公式サイトを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*