おすすめのドッグフード3選!愛犬に健康でいてほしい人必見のフードとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬との出会いはまさに運命。手にした命を育み、最後まで共に生きていきたいと望むなら、最初に気を配るのは愛犬の「食事」だと思います。今では多彩なドッグフードが販売され、愛犬が美味しく食べてくれるなら…と選ぶ飼い主側も力が入ることでしょう。自分が選んだドッグフードを美味しく食べてくれた時の喜びはまさに格別。しかし、そのドッグフードが実は危険だとしたら?ドッグフードが秘めた危険性を踏まえた上で、本当におすすめできる安全性の高いドッグフードを紹介します。

ドッグフードのスペシャリストのおすすめを大公開

愛くるしい目線で飼い主を見上げる犬は、私たちの大切な家族の一員。いつまでも元気で、少しでも長生きをして欲しいという気持ちは、誰しも持っていると思います。

しかし、犬は人のように話すことはできず、自分の希望を伝えることができません。

今食べているものは、本当に自分の飼い犬に合っているのだろうか?使われている原材料は安全?犬種によってはドッグフードも変えた方が良い?

さまざまな不安を解決すべく、ドッグフードのスペシャリストがおすすめの商品を調査。目的別のおすすめドッグフードは他の記事でも紹介しているため、今回は一般的にどんな犬種にでも自信をもっておすすめできる商品を紹介します。

”いい”ドッグフードの条件とは

皆さんは”いい”と称されるドッグフードはどんなものだと思いますか。

「選び抜いた原材料を使っている」、「ワンちゃんが美味しく食べられる」、「ワンちゃんの好きな食材が満載」など、心惹かれるキャッチフレーズが多く見られますが、本当に良いものは安全性が最重要。

どんなものでも安全性を確保した上で作られているのは間違いないでしょう。しかし中には、家族の一員である犬の幸せを考え、安全だけではなく色々な要素を加え試行錯誤を繰り返している人達もいます。

安全性に加えて、課題とされる要素を全てをクリアした商品が本当に「いいドッグフード」と言えるのではないか?そのような考えのもと、全てのドッグフードを前に厳しい目で比較を行いました。

その上で、胸を張っておすすめできるドッグフードをピックアップ。比較した結果と共に紹介します。

添加物なし、4Dなしが最重要!

では実際に、どのような点についてドッグフードの良し悪しを比較してきたのか?

一番に重視したいのが添加物の有無。特に気を付けたいのが4Dと呼ばれる肉です。4Dとは、以下の4つの肉のことを表した言葉。

  • Dead…死んだ動物の肉
  • Diseased…病気のある動物の肉
  • Dying…死にかけている動物の肉
  • Disabled…障害のある動物の肉

4つのD(死)が係ることを表しています。聞くだけで背筋が凍る思いですが、なぜこのようなものが許されているのでしょう。

それはドッグフードが「食品」ではないから。人間のように厳しい管轄と基準を設けているわけではないため、誰が何を混ぜようと罪にはなりません。

人が食べられない最低ランクの肉は廃棄処分に回されますが、無料で処分されるわけではないのでペットフードに利用されることが多いと聞きます。

中でも死んだ動物の肉は、家庭で最後を迎えた動物のものとはもちろん違います。

例をあげるなら車に轢かれて死亡した動物や、動物園で死亡した動物など。体温の無くなった体は、その瞬間から腐敗が進んでいってしまいます。虫がたかるような肉を混ぜたドッグフードが、犬の身体に良いと思えますか?

品質が悪い肉は、思わず口元を押さえてしまうほどの異臭を放っています。それをドッグフードに作り変えるため、異常なほどの添加物を使い香りと味をごまかさなくてはいけません。添加物には危険物質も多く含まれています。

品質も悪く病気持ちの肉が使われているかもしれないドッグフードは、常食すれば徐々に毒性が体に蓄積されていくというもの。安全性の高いドッグフードを食べている犬より、発がん率や変異疾患を引き起こすリスクが驚くほどに高くなります。

安全性をさらに重視したヒューマングレード!

大切な愛犬に美味しく食べてもらいたいと選んだドッグフードが思わぬ危険性を秘めていたとしたら、飼い主にとってこれほどショックなことはありません。ドッグフードの危険性を受けとめた一部のメーカーは、品質を高めたドッグフードを開発。

それが「ヒューマングレード」と呼ばれるドッグフードです。「人間が食べられるレベル」という意味を持ち、原材料の質を重視。厳選した上質な食材は、どれも人が食べるものと同じ新鮮なものばかりを使用しています。

さらに、犬にとってベストな栄養バランスであるように繊細な配慮がされています。犬の健康は体毛や便に出ると言いますが、愛犬にとって害にしかならない4Dを使用しているドッグフードに比べれば、食いつきも便や毛の質にも大きな違いが見えてきます。

4Dを使用されたドッグフードに比べると、ヒューマングレードのドッグフードは値段も上がります。しかし、その金額に見合った安全性の格段に高いドッグフードと言えます。

補足ですが、先にも記載した通りドッグフードは厳しい管轄や基準が設けられていません。そのためヒューマングレードに関しても自己申告というのが日本の現状です。

ヒューマングレードの商品は、4D商品に比べて安全性が高いのは間違いないでしょう。しかし自己申告である以上、ヒューマングレードと称されていても必ず原材料、価格などをチェックするようにしてください。

ヒューマングレードは選び抜いた素材を使用しているため、原価が上がってしまうもの。安い価格ではまず販売できないので、異様に安いヒューマングレード商品は危険を秘めているかもしれません。

原材料が曖昧なドッグフードも危険性が高い可能性があります。「ヒューマングレード=安心」と考えず、使用されているものに目を向け、判断する飼い主の心が大切な要素となってくるということを忘れないでください。

グレインフリーならさらにgood!

ヒューマングレードが、通常のドッグフードに比べ安全性が高いのを感じていただけたかと思います。それではここでもう一歩、安全性を高めるために「グレインフリー」なものを選ぶよう心がけてみましょう。

あまり知られてはいませんが、犬は本来、穀物類を食べる生き物ではありません。ドッグフードの原材料名を見ると穀類(小麦粉、トウモロコシ、パン粉、小麦グルテンなど)が明記されている場合がほとんど。

犬が穀物類を摂り過ぎるとどうなるか?穀物は体内で分解されると糖質になり、血糖値が上昇しインスリンが大量に分泌。インスリンというホルモンは、脂肪をエネルギーとして貯蓄する作用があるため必然的に体重が増加してしまいます。

もともと犬は穀物を食べない生き物のため、穀物を消化しづらいつくりになっています。そのため消化不良を起こし、胃や腸へ過大な負担をかけることも考えられます。

一番怖いのがアレルギー。穀物類が持つたんぱく質は、アレルギーを引き起こしやすいと言われています。ドッグフードを食べてひどく吐いたり、下痢を起こす、皮膚病にかかりやすくなるというのは、もしかしたらアレルギーを発症しているのかもしれません。

グレインフリーは穀物を使わず、良質な肉で作られたドッグフード。そのため価格も上がりますが、アレルギーになるリスクは格段に低くなります。

また、消化もしやすいので便もコロコロとした固まったものに。犬の体調は体にも出るので、毛並みにつやが出るなど変化が出てくる場合もあります。

体質改善を期待してグレインフリーのドッグフードに切り替えている人も多いほど。愛犬のためにドッグフードを変えようと考えている方は、ヒューマングレードの中でもグレインフリーの商品に気を配ると良いでしょう。

総合評価も確認しよう

実際に良いとされるドッグフードの決め手は、何よりも「使用者の声」ではないでしょうか。

飼い主さんが愛犬のために使用した、その経過などが分かると参考にもなります。実際に与えた時の愛犬の食いつきの良さ、栄養バランス、口コミの良し悪しなどに目を向けてみましょう。

もちろん、中にはマイナスの声もあると思います。良い口コミだけではなく、悪い口コミにも目を向けることを忘れないでください。

メリットからは商品の良さが感じられますが、デメリットからは商品を購入した時のトラブルや気を付けなくてはならない教訓が隠れているかもしれません。

これら全てをクリアできて初めて「おすすめできるドッグフード」と言えます。ただ愛犬に良いドッグフードではなく、厳しい条件をクリアしているドッグフードであることを大前提に調査をしています。

総合的に素晴らしかったドッグフードは本当に一握り。大きな声で「おすすめ!」と叫べるドッグフードを紹介します。

本当におすすめできる完璧なドッグフード3選

4D、添加物が使われておらず、安全性を高めたヒューマングレードであること。さらに、穀物不使用のグレインフリーな商品を選び、実際に使用している方々の口コミも調査。全て徹底的に調べた上で、条件を完璧に満たしているドッグフードを厳選しました。

こうして胸を張って安心できるというドッグフードは、とても少ないという現実に驚きが隠せません。モグワン、カナガン、ファインペッツが、本当におすすめできるドッグフード。まずは、それぞれの特徴を紹介します。

モグワン

Source: Amazon

モグワンのおすすめポイント

  • 原材料の全てが厳選素材を使ったヒューマングレード
  • 動物性たんぱく質50%以上!グレインフリー
  • 温かみのある手づくりレシピでシンプルに素材の味わいを活かす

カナガン

Source: Amazon

カナガンのおすすめポイント

  • クラスA取得工場で製造、徹底した品質管理
  • 鮮度にこだわったチキン(生肉)をつかったヒューマングレード
  • 穀物不使用!消化の良いサツマイモを使用したグレインフリー

ファインペッツ

Source: 公式サイト

ファインペッツのおすすめポイント

  • アレルギー性が低い、鹿肉、鶏肉、鮭を主原料としたヒューマングレード
  • 消化吸収率87%!少ない給仕量でも充実した栄養バランスを保持
  • 購入回数を重ねれば重ねるほどお得になる割引サービス

おすすめドッグフードを比較!

おすすめとして挙げた3種類のドッグフードの特徴を分かっていただけたかと思います。

次は、それぞれの商品の詳細を調査。どのような特徴があり、どのような部分が優れているのか、比較していきます。

モグワン

内容量 1.8kg
価格 3,960円
1kgあたりの価格 2,200円
カロリー 344kcal/100g
生産国 イギリス

良い口コミ

ドライフードへの食いつきが悪い子で、人が食べているご飯ばかり欲しがって困っていました。しかしモグワンはあげた瞬間に食いついてあっという間に食べ終わってしまい、とても気に入っているようでビックリです。
本当に美味しそうに食べてくれる姿が嬉しくて、今後もずっと食べさせてあげたいと思っています。

Source: 公式サイト

悪い口コミ

今までフードを変えて体調不良になったことなどなかったのですが、モグワンに切り替えて二日目の夜から酷い下痢になり大変でした。
二日寝込み、ぐったりです、、、。
食い付きも悪く、ふりかけをかけずには一口も食べてくれませんでした。

Source: Amazon

ドッグフードをモグワンに変えた瞬間、愛犬の食いつきの変わりように驚きが隠せないという飼い主さんが多いと評判。目を輝かしく光らせてモグワンを食べるのはなぜでしょう?

ひと味違うのはレシピのおかげ?

普段のドッグフードと比べひと味もふた味も違うのは、選び抜かれた食材を活かした「手づくりレシピ」にありました。モグワンドッグフードは原材料にこだわりを置くのはもちろん、食材本来の風味を活かすことに重点を置いています。

余計な添加物を一切使わず、シンプルな味わいのドッグフード。だからこそ飼い主が季節や記念日に合わせて、旬の食材をトッピングすることも楽しめてしまいます。使用されている食材も犬にとって理想と言っても過言ではありません。

主原料は贅沢かつ新鮮なものばかり

主となる肉は、イギリスの雄大な自然が育てた鮮度抜群のチキン(生肉)、魚はサーモンの産地として有名なスコットランド産のものを使用した動物性たんぱく質50%以上のグレインフリー。中鎖脂肪酸には、犬の身体に負担をかけぬよう吸収分解が早いココナッツオイルを使用。

ポリフェノールを豊富に含んだ林檎や食物繊維が豊富なカボチャ、ミネラルやビタミン、アミノ酸を豊富に含んだ海藻など健康に嬉しい食材はまさに理想のヒューマングレードと言えます。

愛犬に与えた結果を調査

良い口コミを見ると、食いつきや毛並みが変わったという声が多く感じられました。中にはお腹をくだした、食べなかったというマイナスの声も。

全ての犬種に受け入れられるというわけでは無く、中には体質に合わない子もいるみたいです。

公式サイトを見てみる

カナガン

内容量 2.0kg
価格 3,960円
1kgあたりの価格 1,980円
カロリー 361.25kcal/100g
生産国 イギリス

良い口コミ

3ヶ月のポメラニアンのフードをペットショップ時代の物からカナガンに変更。移行する為の前フードと混ぜて与える事をしないと食べない子もいるみたいですが、カナガンだけで食べてくれました。
匂いが独特というレビューもある様ですが、個人的にはドックフード臭より食べ物の匂いと感じ安心して与えられます。

Source: Amazon

悪い口コミ

これを頂いてから、うちの子は原因不明の体調不良が続き、(下痢、嘔吐と苦しみました)獣医さんへ。とても可哀想なことをしました。フードを変えてから体調が戻りました。便もとても臭くて回数も多いのも治りました。やはり始めから国産品のフードにすれば良かった。

Source: Amazon

栄養だけではなく品質管理もこだわり

穀物を一切使用せず、犬にとって理想なバランスを目指したカナガン。さらには国際規格である「SAI GLOBAL」クラスAを取得した工場で製造をしているので、品質の良さにも定評があります。

低給与量でも大丈夫。厳選食材の秘密

カナガンのドッグフードは、原材料も人間が食べられる高品質なものばかりを使用。主となる鶏肉は、鮮度にこだわった生肉を使用しています。高タンパク質かつ低炭水化物であるドッグフードは、犬の食いつきも良いと評判。

ドッグフードには珍しくサツマイモを使用しているため、食物繊維が豊富で消化が良いのも特徴的です。野菜やハーブもバランスよく配合されているので、鼻の良い愛犬には食欲をそそるたまらない一品のようです。

一粒一粒が食べやすい大きさ

カナガンを愛用されるのは、子犬や小型犬飼いの人が多い傾向にあります。それはどんな犬でも食べやすいよう小粒で作られているからと言えるでしょう。子犬や小型犬は、ドッグフードの大きさによっては食べづらく、のどに詰まってしまうケースも少なくはありません。

早食い気味な愛犬にもぴったりと言えます。

愛犬に与えた結果を調査

人でも食べられる新鮮な食材をつかっているため、ドッグフードならではというよりは食材本来の香りがあり独特と感じる人も多いみたいです。

しかし、食べ付きはなかなかのもの。餌が変わると途端に食べなくなるという話はよく聞きますが、その難題もクリアできそうです。

人が食べるものと同じ品質の食材を使っているため、犬によってはお腹が驚き逆に体調を崩してしまう子もいるようです。今まで与えてきたドッグフードとの違いが、残念な形で出てしまっているのかもしれません。

公式サイトを見てみる

ファインペッツ

内容量 1.5kg
価格 3,142円
1kgあたりの価格 2,095円
カロリー 440kcal / 100g
生産国 オランダ

良い口コミ

貴社のフードを食べ始めてから約1周間後くらいに僅かではありますが変化が見られるようになりました。
今までは、皮膚から出血するほど掻きむしって痒がっておりました。
血だらけのその姿は見ていられないほどで、代われるものなら代わってあげたいほどでした。
貴社のフードに変えてから現在(と言いましてもまだ日にちが浅いですが)今ではそれが減少してきました。

Source: 公式サイト

悪い口コミ

愛犬が食べてくれるならお試しではなく、通常商品を購入してもいいが食べもしないフードに3~5千円もかけたくない。
食べるなら、価格がいくらだろうと高いとは思わないが。とにかく対応も商品もファインペットフードは最悪。

Source: 公式サイト

たっぷりと試せるリーズナブルなお試しパック

ファインペッツの魅力の一つ。1.5kgという大容量のお試しパックが1,080円で利用できます。

お試しパックと聞くと1~2食程度の少量の物を想像しますが、1.5kgもたっぷりと試せるので、愛犬に合うドッグフードか見極めることが可能。今までとは違う高品質のドッグフードに、犬の身体がビックリしてしまうことも可能性としてなくはありません。

また、ファインペッツの定期便は利用すれば利用するほど割引率が高くなりお得に購入ができます。長年愛犬に与えることを考えると、嬉しいサービスと言えるでしょう。

厳選された食材は高品質かつアレルギー性の低いものばかり

主原料として使われているのは、アレルギー性の低い鹿肉や、鶏肉、鮭肉。肉類原材料を見ると、全体の70%と高い割合を占めます。もちろん、添加物は一切使用されていないので、安全性も高いドッグフードと言えます。

気になる点はオートミール・大麦・全粒米と穀物が使用されているところ。しかし、トウモロコシや小麦、大豆に比べるとアレルギー性は低レベル。大きな危険性はないと言えます。

愛犬に合わせ粒の大きさが選べる

ファインペッツはドッグフードの粒の大きさを、大粒、小粒から選ぶことが可能。大粒のドッグフードは子犬や超小型犬、小型犬には少々大きすぎてしまう場合があります。喉に詰まらせてしまうトラブルもあり得るので、そう言った時は小粒を選んであげると良いでしょう。

公式サイトを見てみる

番外編〜病気の犬には?〜

愛犬が腎臓や尿石症など何かしらの問題を持っている時、通常のドッグフードでは栄養過多となってしまう場合もあります。

動物病院でも利用されている「ロイヤルカナン」は、愛犬の不調改善時にもっともおすすめできるドッグフードです。

ロイヤルカナン

Source: 公式サイト

 

ペットショップで目にする方も多いであろう「ロイヤルカナン」。犬の種類やライフスタイルを重視し、多彩なドッグフードが発売されています。獣医も胸を張っておすすめしているフードですが、原材料を見てみると穀物や人工添加物を使用。

そのため、避けてしまう飼い主も多いのですが、実は機能性が高いドッグフードです。使用されている穀物は消化吸収率が向上するように加工が施されているので、通常の穀物類に比べ愛犬にかかる負担は少なくすみます。

人工添加物もあからさまに味などをごまかすために多量に使うのではなく、安全量を見極めて使用。

ロイヤルカナンは犬種はもちろん、犬が持つさまざまな悩みを解決すべく、多彩なドッグフードをつくり出しています。こういった繊細な製造は、科学的な目で見ないと不可能と言えるのではないでしょうか。

ただし、添加物を使用しているため少々味気ない食事に偏りがち。状態を改善させるための「薬」とイメージしてもらえると良いかもしれません。

本当にいいドッグフードは限られている!

毎日愛犬が美味しそうに食べているドッグフード。しかし、満足そうな愛犬の表情とは裏腹に、食べたドッグフードが与える影響は大きく、いつか飼い主の目の前に悲しい結果となって表れてしまうかもしれません。

家族の一員である愛犬のため、与えているドッグフードの内容に一度目を向けて見ましょう。本当に品質の良いドッグフードは、数えるほどしかないというのが厳しい現実。今回厳選したドッグフードは、そのわずかな一握りです。

愛犬に少しでも長く寄り添えるよう、飼い主が気を配ることも大切。愛犬と共に長く笑いあって過ごすためにも、今回の記事を参考に一度食事内容を見直してはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*